2017年03月19日

NGT48のメジャーデビュー記念イベントへ行ってきた感想〜祝・メジャーデビュー!NGT48ここからプレーボール!@HARD OFF ECOスタジアム新潟


●NGT48『青春時計』MUSIC VIDEO / NGT48[公式]
(2月の真冬、万代シテイで撮影したのですが、この1日だけはなぜか終日快晴でした。
その前後は豪雨だったので不思議です。
このMVの最後の部分、公開されるまで誰一人、ネットでネタバレしなかったエキストラに拍手。
「つながり」をテーマにした春の素敵なMVです。

「遠くでいい何(なん)にも始まらなくていい(片相いは僕のもの)声かけず一瞬だけ(一瞬だけ)君と会いたいんだ(アオゾラノシタ)」
「後ろでいいこっちを振り向かなくていい(そのすべては夢の中)気づかれず永遠に(永遠に)僕は見守りたい(クモヒトツナイ)」

この歌詞と、サビへつなげる盛り上がりにグッときます。
次回は秋ごろに、長岡花火の大輪をモチーフにした曲が生まれるといいですね)



NGT48、地元・新潟でお披露目ライブ - YouTube

AKB48の姉妹グループで、新潟市を拠点に活動するNGT48が、地元の「HARD OFF ECOスタジアム新潟」でメジャーデビュー記念イベントを開催した。NGT48は、4月12日発売のシングル「青春時計」でメジャーデビュー。この日は、シングル表題曲など全10曲を熱唱し、昼夜2公演で計1万人のファンを熱狂させた。メンバーは、トキをイメージした色だという赤と白の衣装を身に着けて「青春時計」を披露。中井りかは「この曲はグループにとって大切な曲。応援してくださるファンの皆さんにとっても大切な曲になったらいいな」と語った。


ngt20170318_09.JPG
(新潟日報より)

本県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメジャーデビュー記念イベントが18日、新潟市中央区のハードオフ・エコスタジアムで開かれた。 デビュー曲「青春時計」などがお披露目され、訪れたファンらは熱心に声援を送った。 公演が2回行われ、延べ1万人が訪れた。 「青春時計」は中井りかさん(19)がセンターを務め、赤いスカートが特徴的な新しい衣装で切ない恋心を歌った。中井さんはステージから「この曲がファンの皆さんにとって大切な曲になってほしい」と語り掛けた。 青春時計を含めて、カップリング曲など計11曲を披露。 ファンらはメジャーデビューを祝っていた。


●AKBグループ有数の地域密着度・NGT48が新潟にもたらす経済効果
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/664260/

地元メディア関係者は 「NGT48劇場は、昨年1月にオープンしましたが、週に数回行われる公演は満員が続いている。 この日のデビュー記念ライブ当日、市内のホテルは満室状態で、NGT目当てにわざわざ足を運んだファンがいることは間違いない。」 と指摘する。 「NGT48の名前が全国に広がれば、“新潟”も一緒にアピールすることができる。 地元で1万人を動員できるグループはない。 お菓子など地元企業とも積極的にコラボしている。 CDデビューでランキング1位を取れれば、さらに新潟、地元企業にも経済効果をもたらしてくれる」


●NGT48、エコスタでメジャーデビュー記念イベントエンタメ動画|エンタメNOW!|新潟日報モア
http://www.niigata-nippo.co.jp/entame/movie/index.html?bid=5364164928001
(約2分にまとめた動画)


※※※


【会場の写真】


ngt20170318_11.JPG
昨年6月18日、AKB48選抜総選挙が開催されたハードオフエコスタジアムで行われました。
昼まで仕事をして、そのあと職場からロードバイクで現地へ向かいました。


ngt20170318_13.JPG
(CDを予約した際にもらったイベント券を優先エリア入場券に交換する場所が書いてなくて迷いました。
CD予約販売ブースの近くに、ぽつんとあり分かりにくかったです)


ngt20170318_23.JPG
(交換した優先エリア入場券。
番号はランダムと告知されていたけれど、引き換えた順でした。
この順番に並ばされるのですが、案内不足で、自分がどこに並べばよいのかみんな困っていました。
この番号順に会場へ入ります。
中に入ってからは自由席なので早いもの順。
みんなダッシュしていました)


ngt20170318_24.JPG
(優先エリア入場券の裏側は、今回のCDシングルのジャケット写真になっています。
万代シテイの十字路で撮影したもの。
まさか21世紀、平成も終わり近くに、万代シテイ&レインボータワーが全国発売されるCDの写真に写るとは夢にも思いませんでした)


(MVの撮影場所である万代シテイ)


ngt20170318_18_01.JPG
(イベント入場口に、新潟の仮面ライダーさんを発見。アイドル好きでも有名)


ngt20170318_21.JPG
(この写真右側の、ライト側スタンドで開催。ちょうど1回めのイベント最中なので、2回めの来場者はまだ並んでいません)


ngt20170318_30.JPG
(1回目のイベント終了後は、食べ物関係の出店が混雑していました)



【感想】


・私はイベント2回めの方を観覧しました。
15時30分から開始だったのですが、15時頃に強い雨が降りました。
イベント前には雨がやんで明るくなり、客席から拍手がおこりました。
スタッフ総出で、ステージの雨を拭いて頑張っていました。
イベント中、研究生オリジナルソングの時、軽く雨が降りましたが、歌い終わる前には雨がやみました。
風も吹いていたし、そもそも屋外の野球場なので、かなり寒かったです。
私は、100均の雨具を着て、雨と風をしのぎました。
ステージのみなさんは、ものすごく寒かったでしょうね。
無料イベントなのに、約1時間半もある内容の濃いものでした。


・私の座ったまわりは、20代の綺麗な女性が多かったです。
比率でいうと、女性6:小学校入学前の女の子2:男2。
全体で見ても、女性や家族をよく見かけました。
男性は30代以上が多く、白髪の年配も多い。
関西っぽいしゃべりの人も結構いました。
10代の男の子が少ないのは、女性アイドル界隈では、どこも同じかなと。


・ファーストシングル「青春時計」のカップリング曲も披露。
どれもクオリティが高くて驚きました。
AKB48本店っぽかったり、乃木坂46&欅坂46っぽかったり。

そんな中、表題曲「青春時計」は、過去のAKBグループのどの曲とも違いますね。
イントロなし間奏なし。
アウトロもありません。
ラップ調で展開。
切なさとか優しさ、穏やかさ、平和な時間が全体に流れています。
AKBカラーではなく、NGT独自カラーで攻めていますね。
確かに、埋もれない曲として表題曲にするならこれでしょう。

NGT48のオリジナル曲は、今までも「地方・土着感・優しさ・穏やかさ・ひかえめ・大人びない幼さ」・・・他のグループとはちょっと違った展開でしたが、今回はさらに一歩進めていますね。
1000曲あるAKBグループの曲のどれとも違う。
同時期に発足した欅坂46の攻撃的・反体制的なかっこよさとは真逆です。

イベント開始まで、「青春時計」のインストゥルメンタルが流れていました。
重低音の大音量で聞くと、いろんな楽器や細かいテクニックが使われていると感じました。
インストだけで、映画のテーマ曲として成立するぐらい。


・「青春時計」は、NGT48のチームN靴16名で歌います。
このイベント最後、研究生も含めた全員バージョンも披露したのが嬉しかったです。
今月で、研究生メンバーの水澤彩佳さんが卒業します。
私が生で水澤さんを観るのは最後でしょうから、貴重なイベントでしたよ。
この最後の曲のところだけ、スマホで録画・撮影がOKでした(ただし、SNSにはアップしては駄目)。
そういう「お土産」も持ち帰れて良かったです。


・このイベント終了後、新潟のNSTというテレビ局の生放送にも出演しました。
スマイルスタジアム」という新潟の情報番組で、高視聴率です。
NGT48も準レギュラーでして、毎回、2名が出演しています。
ここでも「青春時計」を披露しました。
公共の電波での初オンエアが、スマイルスタジアムということになりました。

お笑いコンビ「タイムマシーン3号」も出演していました。
山本浩司さんは新潟市出身。
ボケ担当の関 太(せき ふとし)さんは、NGT48とこの番組で共演する際、秋元康さんのモノマネをよくやります。
NGT48「青春時計」のパフォーマンスをやっている時の秋元先生の見守り感は異常。


ngt20170318_50.JPG


ngt20170318_53.JPG

Posted by kanzaki at 2017年03月19日 14:57