2017年03月20日

3月18日、アイドルユニットのライブシーンを万代シテイパークで撮影〜新潟市にて原田泰造さん主演映画「ミッドナイト・バス」の撮影中

mnb0320-02.JPG


・県内各地でロケが行われている映画「ミッドナイト・バス」(竹下昌男監督)の一つの山場となるアイドルユニットのライブシーン撮影が18日、新潟市中央区の万代シテイパークにエキストラ約500人を集めて行われた。
本物のアイドルライブのような大きな歓声が何度も沸き、参加者から「貴重な経験」「公開が楽しみ」との声が上がった。


・この日は、主人公の娘・彩菜を演じる葵わかなさんら3人によるアイドルユニット「マジカルワンダー娘(ガールズ)」が万代シテイのステージで歌と踊りを披露した。
途中、雨が降って撮影が中断するハプニングもあったが、エキストラはうちわやペンライトを手にアイドルの愛称を叫び、ライブを盛り上げた。


・撮影はリハーサルなどを含め約5時間に及び、アイドルユニットの1人を演じるNGT48の長谷川玲奈さん(16)は「みなさんの声援のおかげで自分らしく取り組めました」とエキストラに感謝した。


●映画「ミッドナイト・バス」エキストラがライブシーン熱演|動画ニュース|新潟日報モア
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/movie/detail.html?bid=5364252541001


生粋のアイドルステージというよりは、アニメ作品のイベントとして、声優がパフォーマンスするのに近いかな?
上記の動画を観ると、映画のワンシーンを撮影するだけでも、たくさんの手間暇がかかることがわかりますよね。


この場所は、主人公が運転する夜行バスが往来する「万代シテイバスセンター」の上にあります。
設定的にもぴったりの場所ですよね。
しかも、隣の建物には、NGT48劇場もありますし。


NGT48の長谷川玲奈さんは、3人のうち紫色の衣装を着ていたはずです。


エキストラの声援や動きが、ちょっとぎこちないかな?
多分、普段はやったことのない人達なのかもしれません。


当日、ガチのアイドルファンは、同じ市内のハードオフエコスタジアムという野球場で、NGT48のメジャーデビュー記念ライブへ行っていました。



●NGT48のメジャーデビュー記念イベントへ行ってきた感想〜祝・メジャーデビュー!NGT48ここからプレーボール!@HARD OFF ECOスタジアム新潟
http://kanzaki.sub.jp/archives/003799.html


「夜行バス」と「アイドル」という、まったく関連性が無さそうなものが、ひとつの映画作品でどう融合するのか楽しみです。


※※※


mnb0320-01.JPG


もうひとつ、映画のロケエピソード。


新潟県ですから「雪」は貴重な演出アイテム。


白い発砲スチロールのようなものを雪にみたてています。
これは、でんぷんで出来ていて、大型扇風機で飛ばし、風の強さや光の当て方を変えて雪のように見せているそうです。


夜行バスにも描かれているハクチョウ。
新潟はたくさんのハクチョウがやってくる場所なのです。


●なぜ、日本で越冬するハクチョウ(白鳥)の4分の1である2万羽が新潟県へやってくるのか?
http://kanzaki.sub.jp/archives/003726.html


この映画では、そのハクチョウも映り込むように誘導したり工夫しているそうです。


屋外で撮影するのは、想像以上に大変でしょうね。
特に新潟はこの時期、天気が不安定な地域ですから。


18日は15時まで天気が良かったのですが、いきなり強い雨が降ったりしました。
しかも、風がとても強かったので、体感温度はかなり低かったです。


スタッフ、エキストラのみなさんお疲れ様でした。



【関連記事】

●映画「ミッドナイト・バス」製作発表〜ほぼ全て新潟県ロケ。主役は原田泰造さん。3月18日は万代シテイパークにて600人のエキストラを入れてライブシーンを撮影
http://kanzaki.sub.jp/archives/003787.html


●もう一つの主役であるバスは、ハクチョウがモチーフ〜新潟市にて原田泰造さん主演映画「ミッドナイト・バス」の撮影開始
http://kanzaki.sub.jp/archives/003794.html


●主人公の娘役を演じる「葵わかな」さんが、今年秋からスタートするNHK連続テレビ小説「わろてんか」の主役に決定〜新潟市にて原田泰造さん主演映画「ミッドナイト・バス」の撮影開始
http://kanzaki.sub.jp/archives/003795.html

Posted by kanzaki at 20:21
Old Topics