2019年10月04日

子供たちのお絵描き教室・シーズン1最終回〜お母さんたちも絵を描くようになりました

oekaki92_011.JPG
(お母さんたちも子供と一緒に描いていました)

お絵描き教室も半年を経過。
先日、第1シーズン最終回でした。
引き続き来月から、シーズン2となります。


今回は、いつもの生徒さんが半分ぐらいの出席でした。
そのかわりに、体験授業の子がたくさん来てくれました。
部屋の中は、大人・子供あわせて15人ぐらいはいますので、とても賑やかです。
男&少年は、私を含めて3人・・・。


段ボール系の固い素材に貼った、1mぐらいの大きな紙に絵を描いてもらいました。
そんな大きな絵を子供たちが描けるのか心配でしたが、案外のびのびやっていましたよ。


最近は、子供たちだけではなく、お母さんたちも描く傾向にあります。


たまたま見学に来たお子さん連れのお母さんたちも、「(大人の)私が描いてもよいのですか?」と質問されていました。
もちろん、こちらとしては大歓迎。



【最近考えていること】


最近、育児で大変なお母さんたちに、リラックスして楽しんでもらえるお絵描き教室をやってみたいと思案しています。


水彩絵の具は、準備とあと片付けが大変です。
今回なんて、片付けに1時間ぐらいかかりましたから。
水分があるものは本当に大変。


私は、「色鉛筆を使った、塗り絵のワークショップ」にしようかなと考えています。
線画に塗るだけならば、敷居も低いですしね。
片付けも楽ですし。


参加費は無料。
道具は、私が用意する形にしたいです。
社会貢献というか、単なる私の自己満足です。


初期投資は計算したところ、まあ自腹でやっても困らないぐらいです。
色鉛筆の値段はピンキリですし、参加人数にもよりますが・・・。


海外製とか、プロ用のものは値段が高いです。
ハイスペックなものより、消耗した際、単品でどんどん追加購入できる商品の方が良いかなと思います。


文房具屋さんの筆記用具販売コーナーみたいな感じで色鉛筆を陳列し、みんなでシェアする形にしたいです。
多色の大量の色鉛筆が並んでいる姿は、ちょっとしたインスタ映えな感じですよね。


お母さんと子供が、一緒に絵を描く時期なんて、長い人生のうちでほんの一瞬です。
良い思い出になってくれれば、私はそれだけでうれしいです。



oekaki92_003.JPG


oekaki92_006.JPG


oekaki92_007.JPG


oekaki92_010.JPG


oekaki92_012.JPG

Posted by kanzaki at 21:33
Old Topics