2022年02月19日

「納得」と「満足」〜人生においては満足ではなく、納得していくことが大切

nattokumanzoku.JPG

●『負けない技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社+α新書)』(桜井章一 著)より


満足することを求めてそれができないとなると、今度は不満がどんどん大きくなり、矛先が外に向くようになる。


すると、人を許せないという気持ちが強くなったり、人に物を求めることだけが多くなる。


「納得」と「満足」──同じような言葉だが、人生においては満足ではなく、納得していくことが大切なのだ。


毎日を納得して生きていると、そこに「感謝」の気持ちがおのずと起こってくる。
人生の質はこの「感謝心」がどれくらい多いかで決まる。
大切なものをたくさん持っている人は自然と「感謝心」が多くなってくる。


敵を己の中に置くと、その人の人生は納得できるものへと変わっていくはずだ。
結局のところ、「自分と戦う」ということは、自分に納得するためなのである。
満足でなく、納得するために人は己と戦うべきなのだ。


--------


このように「勝ちたい」「勝ちたい」という欲のままに突っ走っていると、じつはそれは猊蕕韻訶慘廊瓩鬚靴討い襪海箸砲曚ならなかったりする。
ほとんどの人が、この事実に気づいていない。


では、猊蕕韻覆い燭瓩療慘廊瓩呂匹Δ笋辰討垢譴个いい里?
それをひと言で表すとするならば、「必要なことだけやっていく」ということに尽きる。


世の中には、その人にとって必要なものと不必要なものとがある。
その中で、必要なものだけを選び取り、その場その場において的確なことをやっていれば、それはいい方向に向かっていく。


必要と不必要は循環して回っている。
必要なものがめぐってきたときは、そのままそれを生かしていけばいい。
不必要なものがやって来たら、そのときは耐える。
必要なものがまた巡ってくると思いながら耐え、爐修里箸瓩鬚犬辰搬圓辰討い譴个いい里澄


※※※


【コメント】


「納得」と「満足」。
ニュアンス的なことなので、理解しずらいのではありますが、なんとなく分かるような気もします。
多分、こういう微妙な感覚が大事なんでしょうね。


「感謝心」は間違いなく理解できます。


相手には感謝。
敵は自分。
この辺のさじ加減も難しいのではありますが、少なくとも外部に敵意をむき出しにしないのは身を護るためにも大事かなと思います。


「必要なことだけやっていく」
シンプルで良いですね。


必要以上なものを追い求めると、ひずみが出ます。
自分だけがそれを追い求める分にはかまいませんが、他人を巻き込むとややこしい。
けれど、そういう事がごく日常で巻き起こっているのが普通の世の中なので、生きることはややこしいです。
Posted by kanzaki at 07:05
Old Topics