2024年07月08日

自分自身の幸せのサイズ

siawasesize.JPG

●『人生の流れが美しくなる 禅、「お金」の作法』(枡野 俊明 著)より


あなたは自分自身の幸せのサイズを知っていますか。


そのサイズをいつも心に留めていますか。


隣の人のサイズと比べて、無闇に妬んだりしていませんか。
今のサイズを大きくすることばかりにとらわれ、小さな幸せを忘れてはいませんでしょうか。  


もちろん今のサイズを大きくしたいという気持ちは大事なことです。
それは向上心につながっていくものです。
しかし、一挙にそれを大きくすることはできません。


ーーーーーーーーーー


一歩一歩進んでいけばいいのです。
地道な努力を重ねながら、少しずつ大きくしていくことです。
その一歩一歩のなかにこそ、幸せを感じることができるのだと私は思っています。  


今の生活でも十分に足りている。
しかし、もう少しだけ良くしたいな。
それくらいがちょうどいい塩梅だと思います。


※※※※※


【コメント】


「幸せ」は、他人と比べた時点で逃げていくように思います。


逃げると言うか、幸せそのものの大きさは変わらないのだけれど、それを「感じる」自分自身の器量が小さくなるように思うのです。



富、地位、名誉・・・人の欲は尽きません。
誰だって多かれ少なかれあるでしょう。


「幸せ」に近しい言葉で「贅沢」という言葉があります。


美味しいものを食べる、高級なものを手に入れる、選ばれた人しか集まれない場所に参加する。
いろいろあります。


そういうのも良いのですが、私が考える「贅沢」とは、「孤独になる時間」です。


どんなに狭い場所でもいい。
ひたすら、自分の考え事をしたり、休息をとったりして、自分と向き合う時間がほしい。


スマホやSNSのせいで、プライベートがプライベートにならなくなった時代。
そんな時代だからこそ、孤独は贅沢なのです。

Posted by kanzaki at 07:08
Old Topics