2017年02月12日

gu(ジーユー)の「2WAYバックパック(税抜2,490円)」の使用レビュー〜この値段で収納力、使い勝手に気づかっているバッグはそうそう無いと思いいます。オススメ

gu(ジーユー)の「2WAYバックパック(税抜2,490円)」を買ってみました。


●ジーユー|2WAYバックパック|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/282357
(サイズ縦45×横(上部)30.5cm,マチ:10cm,立ち上がり(持ち手)8cm)

gu2bag0001.JPG


(1週間使用した感想のまとめ)

・最近の2WAY、3WAYバッグとしては標準的なサイズ。かなり軽量。やわらかい。デイリーユースなら、大抵のものが入る。最近流行りのスッキリ・スクエア型。


・リュック、手提げバッグ、どちらの状態でも、底面に厚手のパッドがあるのが良い。


・リュック、手提げバッグ、どちらの状態でも、持ち手が握りやすい(特に手提げ状態のハンドルは良好)。リュック状態も背負い感に違和感なし。


・手提げバッグ状態なら、余裕で自立可能。リュックだと自立しにくい。


・素材がやわらかいフニャフニャなので、衝撃とかから守ったりするなら、カメラのインナーバッグを入れて補強すると良い(後記参照)


・表面の生地は、良く言えば「アルファMA-1」の中綿を抜いた感じ。わりとツルツル。


・手提げバッグとしての使い方なら、ユニクロ製「3WAYバッグ」。リュック主体ならgu製「2WAYバックパック」という感じのデザイン。
両方買っても7,000円です。


・買っておいて損はないと思う。ネット通販の値段の安いバッグにありがちな、臭いにおいも無いし、下手なバッグを買うより断然安心。


●(参考商品)ユニクロ|3WAYバッグ|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/191261-09-999
(値段:税抜3,990円、サイズ:横(底)12×縦31×幅45cm,持ち手の長さ:32cm)


●(参考商品)シャトルデイパックスリム ザ・ノース・フェイス公式通販 _ スポーツウェア/アウトドアウェア通販のGOLDWIN WEB STORE
https://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/1/NM81603
(値段:税込16,200円、サイズ:縦45×横27×マチ12cm 容量:18L)


※※※


ビジネスバッグは、TUMIのシリーズばかり使ってきました。
最近は、重いのが辛くて、ノースフェイスのシャトルシリーズの軽量なバッグ(手提げ、リュック)を使っていました。
徒歩通勤だからリュックが良いのですが、やはり手提げバッグじゃなければいけない場面もあります。
そういや、3WAYバッグ系は持っていませんでした。
そこで、リュックにも手提げバッグにもなるgu(ジーユー)の「2WAYバックパック」を買ってみました。


gubag_01.JPG

gubag_02.JPG

gubag_06.JPG

gubag_07.JPG


サイズや形状的には、「ザ・ノース・フェイス」の「シャトルデイパックスリム」に近いですね。
生地の厚みや高級感は当然、ノースフェイスの方が断然上です。
guのバッグの、こういうやわらかい表面は、最近のトレンドなので良いのではないでしょうかね。
リュック形状の際、ノースフェイスより少し横幅があります。
上記、guのバッグ内には、カメラ用のインナーバッグを入れているので、かなり直方体になっています。
マチの部分はぺしゃんこになるので、インナーバッグを入れなければ、見た目はもっとマチが狭くなります。
公式サイトには、マチは10センチとありますが、それはメインの収納部分だけの数字なので、全面のポケット部分も含めると、見た目は最大14センチぐらいになります。


gubag_03.JPG


gubag_04.JPG


表面の上下に、2箇所のポケットがあります。
中には別段、なにも小物入れやペン挿しなどはありません。
だいたい、マチは最大4センチぐらい。
ヘニャヘニャなので、何も入れなければ、見た目的には気にならない厚みです。


gubag_05.JPG


ショルダーベルトは、割りかし柔らかめです。


gubag_08.JPG


メイン収納部を全開にするとこんな感じ。
リュック形態でも、上部がちゃんと開いてアクセスできます。
中には、パソコンを収納できるパッド入りの部分があります。
気持ち程度のパッドなので、油断禁物。


gubag_09.JPG


衝撃など考え、一眼レフカメラのインナーバッグを入れています。
このインナーバッグは、マチを9センチぐらいまで縮められるタイプです。
マジックテープで、何枚も仕切りを付けられますが、今は1枚だけ付けています。


gubag_11.JPG


仕切りがあるおかげで、リュック状態から手提げバッグ状態へ向きを変えても、中で荷物がごちゃごちゃになりません。
上部は折り畳み傘、中間はポーチ(カメラや会社支給の携帯、筆記用具、財布など収納)、下部はルーズリーフバインダー、チャック付き袋(歯ブラシや薬、ミニタオル等)が入っています。

gubag_10.JPG

カメラや筆記用具などが入っているポーチ。
本来なら、服のベルトに通して使うもの。
これを使うことで、リュックから手提げバッグへ変形しても、中の小物が暴れないですむのです。


gubag_13.JPG


リュック用のベルトは、このように収納。
収納部上部には、真ん中にマジックテープがあるので、収納したものが不用意に出てくることはありません。


gubag_14.JPG


gubag_15.JPG


リュック携帯が基本なので、手提げバッグにした場合、なんとなくナナメっている。
個体差?錯覚?
インナーバッグを入れているせいかも。


gubag_17.JPG

gubag_18.JPG


「ザ・ノース・フェイス」のシャトルシリーズの手提げバッグに付属のショルダーベルトを装着。
リュックベルトの際の留め具と、リュック形態の際の上部ハンドル部に装着。
こうすれば、ショルダーバッグとしても使えます。
だから、2WAYバッグと言ってますが、実際は3WAYバッグにもなるのです。

Posted by kanzaki at 17:32
Old Topics