2022年01月17日

映画『クライ・マッチョ』の感想〜確かにこの主人公なら、どこでも生きていけると感心

cryma01.jpg

現在91歳で主演・監督をこなすクリント・イーストウッドの最新作。


予告編でも「クリント・イーストウッドの集大成」と言ってますが、もう何度目の集大成でしょうか。
自ら伝説を塗り替えていくスタイルが素敵です。


私の中で、クリント・イーストウッドは、TVで観た「ダーティハリー(声は山田康雄さん)」で、ある意味止まっています。
劇場でイーストウッド作品をリアルタイムで鑑賞するのははじめてです。



(ダーティハリー・あの・名台詞を山田康雄)



【あらすじ】


落ちぶれた元ロデオスターの男が、親の愛を知らない少年とともにメキシコを旅する中で「本当の強さ」の新たな価値観に目覚めていく姿を描いたヒューマンドラマ。
1975年に発刊されたN・リチャード・ナッシュによる小説を映画化した。


主人公・マイクは元の雇い主から、メキシコにいる彼の息子ラフォを誘拐して連れてくるよう依頼される。
親の愛を知らない生意気な不良少年のラフォを連れ、メキシコからアメリカ国境を目指すことになったマイクだったが、その旅路には予想外の困難や出会いが待ち受けていた。


●映画『クライ・マッチョ』公式サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/crymacho-movie/



映画『クライ・マッチョ』日本版予告



【感想】


このコロナ禍で、しかも休日午前中の上映なのに、観客がものすごい数でした。
クリント・イーストウッドのブランド力は凄いですね。


敵や警官に追われながら、少年と自動車で旅するロードムービー。


さすがに昔のようなハードなアクションはできません。
敵の攻撃も、正直ぬるめです。
少年が機転を利かして大活躍・・・ということもない。


そこまで、2人の絆が深まるほどのエピソードもない。
だから、別れ際も意外とあっさり。


上映時間は104分と短めなので、割かしスローテンポな流れでも、そこまでダレることなく観終わりました。


主人公が、イーストウッド自身の91歳設定なのかは分かりませんが、とにかく役立つスキルをたくさん身につけています。


馬に限らず、あらゆる動物の取り扱いがばっちり。
ちょっとした治療もできちゃう。


機械の修理もできるし、料理もばっちり。
手話だって出来ちゃう。
資格を持っているわけでは無いけれど、長く生きていく中であらゆるスキルを身につけた設定です。


おかげで、見知らぬ土地での長期滞在中に、あれよあれよという間に信頼感を勝ち得て生活できるようになります。
素敵な女性と恋までしちゃう。


その経緯を劇中で観ていても、「あ〜、確かにこの主人公なら、どこでも生きていけるわ」と感心しました。


口も悪いし、品性がそこまであるわけでもない。
それでも、信頼を得る人だと納得できるエピソードばかりです。


人って、自分の才能を活かせる場所に身を置くと、自然と活躍できるし、人が集まってくるものなんですよね。
この映画は、まさしくそういう内容でした。


そういう主人公と出会った少年。
両親はいるのに、親の愛情というものを知りません。
少年は主人公に対し、自分の親みたいな目線は無く、親友という位置づけみたい。


もうちょっと、少年が主人公をリスペクトするような部分が欲しかったのは事実。
しかし、少年が自分で自分の人生を選択することの自信にはつながったんじゃないかなあ。

Posted by kanzaki at 06:38
Old Topics
2012年07月04日 22:06 「臨場 劇場版」の感想
2010年07月02日 22:30 匂いを加える
2008年11月08日 23:00 筑紫哲也さんの死
2008年05月05日 19:08 エロビデオとタイトル
2007年12月24日 16:55 超熟時代のヒット商品とは
2007年10月29日 20:58 ケータイが小説家を殺した
2007年10月20日 23:45 劣化する"人前力"
2007年09月22日 13:35 映画「HERO」を見た感想【2】
2007年09月19日 21:24 映画「HERO」を見た感想【1】
2007年08月02日 21:51 MGザクver.2.0
2007年07月29日 19:31 NHK様
2006年08月16日 23:05 アンパンマンと戦争
2005年10月22日 21:27 細川茂樹さん in メントレG
2005年06月21日 12:26 冨田恵一(冨田ラボ)
2005年01月03日 15:59 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【4】
2005年01月03日 00:10 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【3】
2005年01月02日 11:28 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【2】
2005年01月01日 23:29 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【1】
2005年01月01日 19:42 「ハウルの動く城」を観て
2004年11月30日 13:46 みひろ【来年、売れるかも】
2004年11月28日 21:57 海峡を渡るバイオリン
2004年09月10日 07:32 野球再編問題とワイン農園
2004年08月27日 06:00 庶民派スパイダーマン
2004年08月09日 07:34 2004年上半期の話題商品【2】
2004年08月07日 16:40 2004年上半期の話題商品【1】
2004年06月29日 12:30 脚本家・野沢尚さんが自殺
2004年06月28日 07:00 録画失敗
2004年05月16日 17:10 大泉 洋 VS うたばん【6】
2004年05月15日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【5】
2004年05月14日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【4】
2004年05月13日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【3】
2004年05月12日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【2】
2004年05月11日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【1】
2004年04月22日 07:00 奥田民生 VS Mr.Children【3】
2004年04月21日 07:00 奥田民生 VS Mr.Children【2】
2004年04月20日 07:07 奥田民生 VS Mr.Children【1】
2004年04月16日 07:00 倉木麻衣さんのblog
2004年04月10日 07:00 なかにし礼さん【2】
2004年04月09日 07:00 なかにし礼さん【1】
2004年04月02日 07:00 リリー・フランキーさん
2004年03月10日 22:38 ハルウララ【ブームの後】
2004年03月04日 16:28 ゼブラーマン【5】
2004年03月03日 23:27 ゼブラーマン【4】
2004年03月02日 23:05 ゼブラーマン【3】
2004年03月01日 19:02 ゼブラーマン【2】
2004年02月29日 21:20 ゼブラーマン【1】
2004年02月20日 09:40 ジャムおじさん・死の商人説
2004年02月03日 11:41 ラストサムライ
2004年02月02日 14:52 解夏
2004年02月01日 09:50 世界の中心で、愛をさけぶ
2004年01月20日 22:57 点と線
2004年01月19日 23:01 バカの壁
2004年01月14日 23:11 砂の器
2003年12月11日 23:30 矢野顕子さんのコンサート
2003年11月16日 23:43 綾戸智絵さんのコンサート
2003年11月15日 23:48 後藤真希さんのコンサート
2003年11月04日 00:01 銀河英雄伝説
2003年09月30日 22:38 昔の海外ドラマDVD化!
2003年09月22日 22:40 映画「座頭市」
2003年09月17日 22:42 映画「HERO」
2003年09月16日 22:43 映画「ターミネーター3」
2003年09月13日 22:41 映画「踊る大捜査線2」
2003年08月29日 22:50 思い出に残る食事
2003年08月24日 22:51 平川地一丁目
2003年05月06日 18:42 ラブ アンド ポップ
2003年03月14日 20:41 世界に一つだけの花