2021年03月28日

「シン・エヴァンゲリオン劇場版 舞台挨拶中継付き上映」を観た感想〜東京のアニメが四半世紀経って、世界規模のアニメになりました

shineva30.jpg


追告 B『シン・エヴァンゲリオン劇場版』



『シンエヴァ』声優14名集結!シリーズ完結への思いを語る 映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』来場御礼舞台あいさつ


●エヴァンゲリオン公式サイト


本日3月28日(日)朝9時より「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を観てきました。


上映後、声優陣の舞台挨拶の生中継(ライブビューイング)もありました。
よって、朝9時から12時45分までの長時間となりました。


前日には、「プロフェッショナル仕事の流儀 庵野秀明SP」をNHK+で視聴しておきました。


監督他の製作人のドキュメント+映画本編+声優陣による舞台挨拶


四半世紀付き合ってきたこの作品との最後に相応しい対面となりました。


前作「Q」で挫折した往年のファンにも満足してもらえる内容だと思います。
以下、若干のネタバレを含みます。



・本作は、主人公のシンジ君が各主要キャラを見送る卒業式です。
鬱展開や中二病系、セカイ系じゃない、青空のような作品でした。
セカイ系の走りであるエヴァが、それを全力で否定した最後なのがいいですね。


・ネット等を観ると、号泣したと多く見かけますが、まったくそういう要因がありません。
むしろ前へ進もうと頑張っているシーンが多いから、泣いてられません。


・旧作の頃は、描かれている内容を深く考察するのが流行りましたね。
本作も、意味の分からない宗教的な単語は出てくるものの、あまり気にしなくていい。
時代のせいなのか、監督の心境の変化なのか分かりませんが、旧作のようなエログロも薄まり、本編で出てきたものは本編内で解説、解決していました。
考察するまでも無くなったのです。


・主人公のシンジ君が、前作「Q」でまた旧作のようなネガティブキャラになりました。
本作の最初はそれを引きずりますが、とりまく環境が、彼を元に戻します。
そうさせてくれた「人」と「自然」っていいなあと思いましたよ。


・本作は、主人公・碇シンジ君が精神的に成長し、父親である碇ゲンドウの方が子供のまま。
立場が逆転してしまっています。
結局、碇ゲンドウは、死んでしまった唯一の理解者である妻と再会したいがために、世界を巻き込む大がかりがことをしてしまいました。
「仮面ライダーウィザード」のラスボスも、死んだ娘の復活のために世界を巻き込んでましたね。
考えが幼稚です。
シンジ君の方が精神的に追い越してしまう。
父親と息子の精神的な対話は重要だけれど、ちょっと長かったなあ。


・エヴァンゲリオンのような人型同士の戦闘シーンより、空中戦艦同士の戦いの方が、物凄く見応えがありました。
あれはもう、特撮の分野のような動き。
前作から登場する「AAAヴンダー(すりーえーゔんだー)」の活躍が凄い。
やはり、敵へめがけて一点突破し、数秒だけ持てばいい・・・という無茶な動かし方をさせるのは熱いですよね。


庵野監督の「ふしぎの海のナディア」でも、N-ノーチラス号という空中戦艦が大活躍しましたね。
人型同士の戦いは、CGを駆使して動きまくって、正直、何をやっているのかよく分かりませんでした。
しかし、特撮大好き監督ですから、空中戦艦の扱いはさすがですね。


・「プロフェッショナル仕事の流儀 庵野秀明SP」にて、映画撮影所の中でモーションキャプチャーを利用した人の芝居の撮影風景がありました。
あの撮影場所が、劇中でも登場してましたね。
事前に観ておいて良かったです。
「プロフェッショナル」の冒頭、駅の階段をスマホで動画撮影しながら庵野監督が走り回っていました。
あのシーンって、本編のラスト部分を描くための取材だったのかな?


・旧作と大きく違うなあと思った本作の大きなテーマは、「人間の力で解決する」というところでしょうか。
神様か何かが作った訳の分からないものではなく、主人公側は、人間の英知と努力で解決しようとするのです。
主人公の父親とは真逆。
そういや、本作の敵と呼ばれる人物って、碇ゲンドウと冬月コウゾウだけです。
他に東條するのは、主人公たちが乗る空中戦艦のクルー、そして第三村の人たちだけ。
世界を巻き込んだ話だけれど、随分少ないですね。
ヴンダーの搭乗クルーは、そこまでキャラを深く描かず、旧作から出ているメインキャラに多く焦点があてられているので、余計、人が少ないように感じます。


・登場しているキャラがみんな、旧作より精神的には大人になっています(碇ゲンドウを除く)。
実際に現実世界にいそうな感じ。
あまり、アニメキャラじゃないから、キャラとしての特徴は薄まりましたね。


「綾波レイ(のそっくりさん)」は、多くの人間や自然と触れ合うことで人間的になっていきます。
「式波・アスカ・ラングレー」は、逆に戦いの中で人間じゃなくなっていきます。
テレビ版の時とはちょっと違いますね。
本作では、この重要な2キャラが、そこまで重要に扱われていません。
所詮は、量産型のレイとアスカということなのでしょうか。
どうも監督の演出から、この2キャラへの愛情が薄まっているように思うのです。
その代わり、マリというキャラを重宝するようになっています。
きっとマリのキャラは、庵野監督の奥様が影響しているように思います。
監督が結婚したり、60歳になったのが作品に反映されているのですよね。


・旧作は、シンジ君とアスカの2人エンド。
本作は、シンジ君とマリの2人エンド。
正直、最後までマリのキャラに感情移入できぬまま終わってしまいました。
シンジ君に必要だったのは、「母親」だったのかな?
その為に、マリというキャラが必要だったのかも。


・舞台挨拶中継は豪華でした。
やはりトーク術は、山寺宏一さんがダントツでしたね。
山寺さんは一流の声優ですが、芸能人・タレントとしてもピカイチ。
短い言葉でピシっと伝え、そして笑いもとれる。
さすがです。
山寺さんが司会でも良かったかも。
「僕の代表作というと加持と、アンパンマンのチーズと書かれる」というコメントに笑いました。


※※※


四半世紀前、TVアニメをはじめて観た時、「あっ、これは東京のアニメだ」と感じました。
アニメはたくさんあるけれど、その作風というか雰囲気が、「東京」を思わせたのです。


私の思う東京って、派手なもんじゃないです。
少し背の高い雑居ビルの屋上で、薄青空の下、工事の音とか街の雑踏を聞く感じ。
派手どころか、むしろ無表情。


そういう無表情な世界と人間が、いかに色を取り戻していくか苦悩する内容だと思っていました。


新劇場版シリーズのラストである本作。
ついに主人公は色を取り戻しました。


旧作と違って分かりやすくなっているので、世界の人が観ても理解しやすいと思います。
いつの間にか、世界を相手にするアニメ作品になっていたのですね。



宇多田ヒカル『One Last Kiss』

Posted by kanzaki at 20:40
Old Topics
2012年07月04日 22:06 「臨場 劇場版」の感想
2010年07月02日 22:30 匂いを加える
2008年11月08日 23:00 筑紫哲也さんの死
2008年05月05日 19:08 エロビデオとタイトル
2007年12月24日 16:55 超熟時代のヒット商品とは
2007年10月29日 20:58 ケータイが小説家を殺した
2007年10月20日 23:45 劣化する"人前力"
2007年09月22日 13:35 映画「HERO」を見た感想【2】
2007年09月19日 21:24 映画「HERO」を見た感想【1】
2007年08月02日 21:51 MGザクver.2.0
2007年07月29日 19:31 NHK様
2006年08月16日 23:05 アンパンマンと戦争
2005年10月22日 21:27 細川茂樹さん in メントレG
2005年06月21日 12:26 冨田恵一(冨田ラボ)
2005年01月03日 15:59 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【4】
2005年01月03日 00:10 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【3】
2005年01月02日 11:28 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【2】
2005年01月01日 23:29 平井堅〜Ken'sBar2004Winter【1】
2005年01月01日 19:42 「ハウルの動く城」を観て
2004年11月30日 13:46 みひろ【来年、売れるかも】
2004年11月28日 21:57 海峡を渡るバイオリン
2004年09月10日 07:32 野球再編問題とワイン農園
2004年08月27日 06:00 庶民派スパイダーマン
2004年08月09日 07:34 2004年上半期の話題商品【2】
2004年08月07日 16:40 2004年上半期の話題商品【1】
2004年06月29日 12:30 脚本家・野沢尚さんが自殺
2004年06月28日 07:00 録画失敗
2004年05月16日 17:10 大泉 洋 VS うたばん【6】
2004年05月15日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【5】
2004年05月14日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【4】
2004年05月13日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【3】
2004年05月12日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【2】
2004年05月11日 07:00 大泉 洋 VS うたばん【1】
2004年04月22日 07:00 奥田民生 VS Mr.Children【3】
2004年04月21日 07:00 奥田民生 VS Mr.Children【2】
2004年04月20日 07:07 奥田民生 VS Mr.Children【1】
2004年04月16日 07:00 倉木麻衣さんのblog
2004年04月10日 07:00 なかにし礼さん【2】
2004年04月09日 07:00 なかにし礼さん【1】
2004年04月02日 07:00 リリー・フランキーさん
2004年03月10日 22:38 ハルウララ【ブームの後】
2004年03月04日 16:28 ゼブラーマン【5】
2004年03月03日 23:27 ゼブラーマン【4】
2004年03月02日 23:05 ゼブラーマン【3】
2004年03月01日 19:02 ゼブラーマン【2】
2004年02月29日 21:20 ゼブラーマン【1】
2004年02月20日 09:40 ジャムおじさん・死の商人説
2004年02月03日 11:41 ラストサムライ
2004年02月02日 14:52 解夏
2004年02月01日 09:50 世界の中心で、愛をさけぶ
2004年01月20日 22:57 点と線
2004年01月19日 23:01 バカの壁
2004年01月14日 23:11 砂の器
2003年12月11日 23:30 矢野顕子さんのコンサート
2003年11月16日 23:43 綾戸智絵さんのコンサート
2003年11月15日 23:48 後藤真希さんのコンサート
2003年11月04日 00:01 銀河英雄伝説
2003年09月30日 22:38 昔の海外ドラマDVD化!
2003年09月22日 22:40 映画「座頭市」
2003年09月17日 22:42 映画「HERO」
2003年09月16日 22:43 映画「ターミネーター3」
2003年09月13日 22:41 映画「踊る大捜査線2」
2003年08月29日 22:50 思い出に残る食事
2003年08月24日 22:51 平川地一丁目
2003年05月06日 18:42 ラブ アンド ポップ
2003年03月14日 20:41 世界に一つだけの花