2021年06月20日

東大の作文は「最後に"言いたいこと"を書く」・東大生のノートには必ず「まとめ」が書かれてある

toudaisakubun.JPG

「東大」という単語はパワーワードですよね。
ドラマやクイズ番組等、いろんなところで目にします。


東大入試の「現代文」の問題は記述式。
作者が何を言いたかったのか、100字程度でまとめる問題があります。
問題には必ず、文章の最後に傍線が引かれています。
これが作者の伝えたいこと。
それをもとにまとめます。


そういう試験の傾向のためか、東大生は文章の書き方として、「最後に"言いたいこと"を書く」ようになっています。
そして、ものごとを「まとめる(要約)」という癖も身につけています。


社会人になると、「まず最初に結論を述べる」という方が一般的かな。
最初に結論を書き、次に経緯を書き、そして最後にもう一度結論。
こうやると、読む人は最初に全体像がイメージできるので、読みやすいです。
そして基本、A4orA3の紙一枚で書くのが理想。


言葉でも文章でも、「結論」を出さないでダラダラ連ねる人がいますが、それでは誰も理解できません。


※※※


●「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』(西岡 壱誠 著)より


【最後に「言いたいこと」を言うのが大原則】


実は古今東西、すべての作文には共通項があります。
みなさん、何だかわかりますか?
それは、「最後に自分の言いたいことを持ってくる」ということです。


評論でも「結論」を書きますし、レポートでも「まとめ」を書きます。
スピーチやプレゼンでも、いろいろ説明した後に「要するに」を最後に話すことと思います。


最後に「要するに何が言いたかったのか」をまとめて終わるというのが、作文における絶対の原則なんです。
この原則を守っていない作文は、「読む価値がない」と判断されても文句は言えません。
それほどまでに、「最後」=「言いたいこと」の原則は重要です。


-----


僕は学内で、東大生の試験対策をサポートする係をしているので、東大生のノートを300人分以上、見てきました。


字が汚い人も綺麗な人もいろいろいたのですが、その中で、どんな東大生にも共通していた点があります。
それは、「まとめ」です。


先生が言っていたこととか、ノートで書いたこととか、そういうのを一言で「今回はこんな授業だった」「要するにこの事例からは、こんなことがわかる」とか、そういう「まとめ」が明確なんです。


「このノートがどんな目的で書かれているのか」「結論として何を覚えればいいのか」がすごく明確に書かれている。
だからこそ、時間を無駄にせずに重要なことだけを吸収できる。
そういうノート作りができる東大生が非常に多いのです。

Posted by kanzaki at 17:30
Old Topics
2020年10月16日 06:41 働き者の綺麗な手
2020年09月09日 07:04 いい監督ほど妥協する
2020年08月22日 09:40 新しい映画鑑賞の様式
2020年07月30日 07:04 コロナ禍での健康診断
2020年07月19日 11:53 けんおん
2020年07月14日 06:46 早起きのコツ〜早く寝ること
2020年07月10日 06:49
2020年07月09日 07:06 褒められたときは褒め返す
2020年06月03日 22:19 アベノマスクが届いたよ
2020年05月30日 20:41 「ほめる」という指導方法
2020年05月11日 19:47 はじめてのテレワーク体験