2024年03月12日

集中力を妨げる「次に何をやろう」

sentakusinai.JPG

●『脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法』(樺沢紫苑 著)より


私のフロー体験を踏まえて、「日常的な仕事の場面でフローを生むための準備過程」についてまとめたいと思います。

(注:本の中であれこれ科学的な事が書いてあったけれど、「フロー」っていうのは、俗に言う「ゾーンに入る」とか「ランナーズハイ」みたいなもののようです)  


長期目標と短期目標を設定する   


今日やるべきことを「ToDoリスト」に落とし込む   


ToDoリストへの落とし込みは、可能な限り詳しく行う   


ToDoリストの各項目に制限時間、または終了時間の目安を書き込む   


終了したらToDoリストを斜線で消して、進捗状況を把握する   


チャレンジの精神を大切にする   


適度な難易度の課題を設定する   


仕事に必要なスキルを日頃から磨いておく


ーーーーーーーーーー


実は、「次に何をやろう?」という疑問が、一番集中力を妨げるのです。


脳の集中力が高まり、作業効率がアップしている状態で、「次に何をやろう?」という考えが浮かぶと、集中の糸は切れてしまいます。
集中力がリセットされてしまいます。  


ですから、「次に何をやろう?」ということをいちいち考えずに、流れるように作業に没頭できるように、自分がすべき仕事を「ToDoリスト」として書き出しておく。  


これが普通のビジネスマン、デスクワークを主とする人たちが、フローに入るために必要な条件だと思います。


※※※※※


【コメント】


集中力を妨げないようにする為の、ちょっとしたコツですね。


人から声をかけられる、電話・メールが来るというのも集中力を妨げます。
そういう外的要因以外にも、「次に何をやろう?」も確かに集中力を削ぎ落とすように思います。


「選択する」とか「判断する」というのは、一日にできる回数って決まっているように感じます。
だから、ここぞという時の為に、しょうもない事にその判断力を使いたくありません。


だから私は例えば、下着や靴下、ワイシャツ、スーツ等、仕事に使う服装に関しては、全く同じものを複数用意しています。
日によって選ぶ必要はない。
これで朝の身支度に費やす時間を減らしています。

Posted by kanzaki at 2024年03月12日 07:00