2016年08月30日

マ・メゾン・ボンジュール(新潟市学校町通)〜小さなフランス料理屋にて、「パリ・ソワール(パリの夕暮れ)」を眺める

休日の昼下がり、小さなフランス料理屋を訪れました。


●マ・メゾン・ボンジュール - 白山_フレンチ (食べログ)
http://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15002606/

・新潟県新潟市中央区学校町通3-494-14
・火曜日定休

mezonIMG_0321_01.JPG


mezonIMG_0293_03.JPG


平成元年にオープン。
シェフと奥さまの二人で営んでいます。
その日は残念なことに、奥様の体調が悪く、お店には出ていませんでした。
「マ・メゾン(私の家)」という名のとおり、静かで穏やかな時間が流れる空間でした。


mezonIMG_0291_02.JPG


Bランチ(税別2,730円)を注文。
メインは、「海の幸の網焼 エシャロット風味 バターソース添え」。


追加メニューとして、
「パリ・ソワール(パリの夕暮れ)」という名の冷コンソメスープ、デザートは「もものババロア」を注文。
この2品は、このお店の夏の定番おすすめメニューです。


mezonIMG_0312_07.JPG


「海の幸の網焼」は、ナイフを入れた途端、中からバターソースの良い香りが広がりました。
香りをこんなにも楽しく感じた料理は久々です。


mezonIMG_0314_09.JPG


mezonIMG_0305_05.JPG

mezonIMG_0307_06.JPG


「パリ・ソワール(パリの夕暮れ)」は、単なる液状のスープではありません。
ゼラチン質で、飲むというより、食べるという感じ。
グラスを横から見ると、確かに夕暮れのような感じですね。


mezonIMG_0314_08.JPG


「もものババロア」。
新潟は果物も美味しい地域です。
旬のものを料理したものは、やはりみずみずしく優しい味でした。


多分、東京で食べたら、倍の値段はするかもしれませんね。
このお店の横を通ることはたびたびあったのですが、中が見えないので、なかなか勇気を出して入ることができませんでした。


実際、入ってみれば、気さくで会話好きなシェフが歓迎してくれます。
食べ終わったあとも結構長い間、シェフと話し込んでしまいました。
これがこのお店の、もう一つの魅力なのかもしれませんね。

Posted by kanzaki at 21:30

2016年08月29日

心のモヤモヤを晴らすには、重要度から考えると良い〜心理療法「フォーカシング」

kondo2016-038.JPG
(作:日本画家・近藤幸夫)


心のモヤモヤを晴らすには、重要度から考えると良いそうです。
これは心理療法「フォーカシング」にて解説されています。


・モヤモヤを引き起こしている要因が明らかになったら、解決するための考え方が重要です。


・二つの軸で考えてみます。
(1)その状況を変えることができるかどうか。
(2)今の自分にとって、それが重要なことかどうか。


・(1)(2)の組み合わせで、「やりすごす」または「何ができるか考える」などという方向が導かれます。


※※※


上記は長い解説を思いっきり端折ったものです。


私がこの療法で注目したのは、
「(2)今の自分にとって、それが重要なことかどうか」
という部分です。


最近は、目の前のことに集中し、一日一日を大切にして生きているつもりです。
だから、過去も未来もあまり気にしていません。


どうせ大した能力や才能もありませんから、目の前の一つ一つに集中して解決しているだけです。
同時並行で処理したり、よそ見をしながらでは満足にできません。


大げさなことを考えているわけではありませんよ。
例えば、ものすごく小さなことですと、食事のときにテレビやスマホを観ないなんてのも実行しているひとつです。
せっかくのおいしい料理をほかのことに気を散らしていたら勿体ないじゃないですか。
よく噛んで味わうのは、おいしさを堪能できるし、健康にもよいし、過食も防ぐことができます。


仕事でもそんな感じで行っています。
能力をアップするより、考え方を変えた方が、良い結果を生むように思います。


今すぐ重要でないことなら、後回しにする(やらない)ということが、最近になってようやくできるようになりました。
昔はあれこれやって、どっちつかずの生活でした。


だんだん、大抵のことはどうでもいいものだと感じてきました。
「拘り(こだわり)」とか「依存する」ということが、足かせになっていたのかなと感じています。


こんな考えですから、経営者にも芸術家にはなれませんね。
けれど、自由にはなれているように感じます。

Posted by kanzaki at 21:46

2016年08月27日

「緑内障」の検査をしましたが、異常はありませんでした

眼科で、「緑内障」の検査をしてきました。
結果、大丈夫でした。
治療の必要はありません。


(緑内障とは)

視神経に異常が起こり、目で見た情報がうまく脳に伝わらなくなって画像を認識できなくなり、視野や視力に障害が起こる病気です。

日本での失明原因第1位の病気です。

患者数も多く、40歳以上では20人に1人の割合で患者さんがいるという報告もあります(日本緑内障学会緑内障疫学調査)。

また、同調査では病気に気づかずにいた人が8割を占めていたことも分かり、今後ますます患者数が増えることが予想されています。

●緑内障 _ こんな症状はありませんか? _ EyeLife (遮光眼鏡) _ 東海光学株式会社
http://www.eyelifemegane.jp/disease/disease3.php


3ヶ月に一度、眼科へ通っています。
コンタクトレンズを購入するためです。
その際、視力検査や、医者の診察などがあります。


普段はコンタクトレンズをしません。
運動や作業で、メガネが邪魔なときだけ使用しています。
ですので、30枚入り1箱があれば半年はもちます。


されど、目に入れる器具ですので、まじめに3ヶ月毎に眼科へ行って目の検査をしています。
コンタクトレンズの在庫が少なくなってきたら、併せて購入もしています。


前回の診断で疑いがあったので、今回の精密検査となりました。
幸い、異常がなくて、ほっとしています。


まめに通っているからこそ、こういう検査もできました。
仮になにか異常があっても、早期発見ができて、早々に治療を開始できます。


五感のなかで、視覚はもっとも失いたくないものです。
そういう気持ちを再認識できたし、これからもきちんと通い続けたいと思います。



最近は、眼科へ行かなくても、メガネ屋やネット通販でコンタクトレンズが買えてしまいます。
値段も安いです。


しかし、「オシャレの道具」ではなく「医療器具」だということを認識し、きちんと眼科へ通ったほうがよいと思いました。

Posted by kanzaki at 14:45