2018年04月23日

小型折りたたみ自転車「OUTRUNK(アウトランク・サイクルベースあさひ)」の購入レビュー(1)〜最初のスマホとしてiPhoneを使った時のように、生活へ自然に有益をもたらす

outrunk01.JPG
(OUTRUNK(アウトランク) | サイクルベースあさひ製)

outrunk07.JPG
(折りたたんだ状態。本体は2つ折りとかはしません。
本体の持ち手を握って、ひょいと持ち上げて移動可)


14インチの小型折りたたみ自転車を買いました。
8.5kgという超軽量です。

●OUTRUNK(アウトランク) | サイクルベースあさひ
http://www.cb-asahi.co.jp/outrunk/


●アウトランク-H 購入ページ|サイクルベースあさひ
http://www.cb-asahi.co.jp/item/77/99/item100000039977.html


10年間、20インチの折りたたみ自転車に乗っていました。
次の10年間、ロードバイクに乗っていました。
そして今回選んだのは、14インチの小型折りたたみ自転車です。


今の生活では、徒歩1時間以内の距離を少し楽に移動できれば充分。
日常生活で気軽に使いたい。
スタンドもなく、盗難のおそれに気を使うオーバースペックなロードバイクは不要です。


実際に購入して1週間使用してみました。


変速はありませんが、割りかし軽い感じの回転なので問題ありません。
当たり前ですが、スピードは出ません。
いくらペダルを漕いでも、健脚なマラソンランナーには追いつけません。


立ち止まった状態から、慌てて発進しようとすると、なぜかウイリーをしてしまう。
「水曜どうでしょう」の「だるま屋ウィリー事件」を体感できます。
あれは、 国道345号で新潟県山北町(現村上市)でしたねえ。


この自転車、店の人も言っていましたが、ブレーキがすこぶる強力です。
だから、上記のように慌てるとウイリーしたり、逆に前のめりになる可能性も高いので注意。


ペダルを漕いだり、または勢いをつけて漕がずに直進していると、釣具のリールのような音がします。


どれも、徒歩プラスアルファな感じでの使用なら、問題ありません。


残業で帰宅が遅いため、徒歩20分弱の移動もキツイです。
23時とかの時間帯に、なるべく体力を消耗させたくないので使用しています。
ずいぶんと楽になりましたよ。


この自転車の最大の特徴は、フレーム本体に樹脂製の「持ち手」があることです。
本体中心部にあるので、片手でひょいと持ち上げて移動できます。
帰宅すると玄関の中へ持ち運ぶのですが、その際の移動が楽です。
クルマの中に積み込む際、後ろのトランクへ入れるには、自転車本体を持ち上げる必要がありますが、それも楽です。


小さいので、部屋に持ち込むのはもちろん、オフシーズンには押入れに収納も出来てしまう。


今、自転車業界的には、こういった小型タイヤの自転車が流行っています。
購入者は、その自転車を自分なりに改造して楽しむためです。
ロードバイク等で自転車のメンテナンスや改造ができる人達が、サブ機として(あるいは、オモチャとして)いじくる感じです。


折りたたんだ状態を主としたものだと、イギリスの「BROMPTON(ブロンプトン)」が有名です。
しかし、16インチ前後の折りたたみ自転車に、20万円も払いたくありません(しかも約12kgもあって重い)。


アウトランクは安価で軽量。
変形構造がハンドル部分を折りたたむだけだし、変速機能もないので、故障率は低いと考えられます。


マイカーでの移動が中心の人が、プラスアルファとして使用するのにもこの自転車の相性は良いと思います。


私、スマホの初代・2代目はiPhoneでした。
このアウトランクは、iPhoneを最初に使ったときのような感覚があります。
最初から、生活の中にすんなり入ってしまい、あたかも昔から使っていたかのような感じ。
すごく便利なのですが、ひけらかす感じでもない。
スペック的には、もっといいやつもある(スマホに対するPC、折りたたみ自転車に対するロードバイク)。
けれど、ちょうどいい具合だから、毎日気軽に使える。
そんな自転車だと思います。



outrunk02.JPG
(先日まで使用していたロードバイクのライトを取りつけました)


outrunk03.JPG
(100均のガラケーポーチをぶら下げています。中に、ワイヤーロックを入れています。それも、ロードバイクで使用していたもの。以前、スノボの板をゲレンデにて盗難されないように買ったものです)


outrunk04.JPG
(折りたたみ変形の途中。ハンドル部分を前に傾け、高さを低くします)


outrunk05.JPG
(ハンドルを横に倒します)


outrunk06.JPG
(ハンドルを完全に倒した状態。高さが低くなるだけで、もの凄くコンパクトになります)

Posted by kanzaki at 23:47

2018年04月22日

フジパン「カレーパンサンド」新発売〜カレーパンを食パンでサンドした斬新な調理パン。東北6県のみで発売(新潟市もあり)

currypan04.JPG

●パンをパンで挟む悪魔の所業...「カレーパンサンド」爆誕 なぜ作ってしまった?フジパンに聞く - グノシー
https://gunosy.com/articles/aq5db

・4月1日、フジパンから「カレーパンサンド」が新発売。

・東北6県のみで発売。参考価格108円。

・カレーパンを食パンでサンドした斬新な調理パン。

・「台湾で揚げパンを食パンで挟んで食べている」ことが発想の原点。発売前、社内でも賛否分かれた。

・地域限定にも関わらず、発売直後からネットでは大きな話題に。


currypan01.JPG


currypan02.JPG


currypan03.JPG


currypan05.JPG


currypan06.JPG


currypan07.JPG



東北6県のみといいつつ、新潟県新潟市でもスーパーで販売していました。
私が買ったスーパーでは99円でした。
ポップに、SNSで話題と書かれていました。


陳列してあるのを見て、死亡フラグが立ったキャラを見るような目になりました。
「無茶しやがって・・・」と、自然に口から漏れました。


食パン2枚にカレーパンをはさみ、それを半分にしたサンドイッチと考えれば、100円ほどでお得です。


揚げたカレーパンの生地も薄いし、中のカレーペーストも少ないから、くどくありません。


表面が食パンなので、カレーパンの揚げた部分をダイレクトに感じないのが、くどく感じさせない、もう一つの秘訣なのかもしれません。


マスタードとマヨネーズの味が強さが、日本人好みのカレー味に寄せる良いアイディアです。


こういう、ネットでいじられるパン・・・とても大好きです。

Posted by kanzaki at 14:21

2018年04月21日

「ヤマザキ イチゴスペシャル」を見ると、母の入院を思い出します

ichigospecial01.JPG
(ヤマザキ イチゴスペシャル)

スーパーなどで買い物をすると、菓子パンコーナーで足が止まります。
私の目線の先にあるのは、「ヤマザキ イチゴスペシャル」です。


スポンジケーキのようなパンにイチゴクリームが挟んであり、誰もが食べたことがあるだろう菓子パンです。


母が交通事故で入院していた頃を思い出します。
毎日、病院へ見舞いに行ってました。
必要なものを持ってきて、不要なものを持ち帰ります。


世間は年末年始で平和な時を過ごしている中、正月らしい料理なんて一切食べていませんでした。
病院へ行った帰り、必ず向かいにあるドラッグストアへ立ち寄り、「ヤマザキ イチゴスペシャル」を買って帰りました。
その頃、この菓子パンばかり食べて生きていたように思います。


なんで、年末年始に菓子パン・・・しかも毎日食べていたのか、今だによく分かりません。
本能が、脳に糖分を過剰供給して、この非日常を乗り越えようとしていたのかもしれませんね。


突然の事故で、「日常」という言葉は吹き飛び、毎日が「非日常」でした。
ちょうど年末年始をはさんでおり、仕事が休みだったから、余計に非日常感が増していました。


あれから数年経った今でも、この菓子パンを見ると、当時のことを思い出して買ってしまいます。


交通事故という期間限定の非日常だったから、入院期間、そして退院後のリハビリ期間を耐えることができました。


これが「親の介護」になると、どうなるのでしょうかね。
いろんな方の実体験を聞くと、それはもう、ずっと長く続く「非日常」です。
その中で、自分自身の人生も歩まなければいけない。


きっと私のことだから、非日常を更に非日常で上書きして、感覚を麻痺させるかも。
その時も、「ヤマザキ イチゴスペシャル」のお世話になるかもしれません。

Posted by kanzaki at 20:39