2017年07月25日

7月26日は「うな次郎の日」〜一正蒲鉾(新潟市)が魚のすり身で作った「うなぎの蒲焼き風かまぼこ」。再現性の高さと美味しさで、今夏は昨年の倍の売上を見込んでいます

unajiro_001.jpg


2017年7月25日(火)は、「土用の丑の日」です。
そして翌日7月26日(水)は、「うな次郎の日」です。


一正蒲鉾は、新潟市に本社を置く、練り製品全国シェア2位の会社です。
うな次郎は、一正蒲鉾が魚のすり身で作った、「うなぎの蒲焼き風かまぼこ」です。


日本記念日協会から、7月26日は「うな次郎の日」と登録OKをもらいました。
東京の日本橋で、登録証授与式典が行われます。


当日は、CMでも起用されているNGT48の荻野由佳さんも出席します。


●うな次郎 | 一正蒲鉾株式会社
https://www.ichimasa.co.jp/item_unajirou.asp


●「うなる美味しさうな次郎」記念日イベント 登録証授与式典でのお願い _ 一正蒲鉾株式会社
https://www.ichimasa.co.jp/whatsnew_news.asp?ID=527




【「うな次郎」の開発史】


・うな次郎は、55g×2枚が入って328円(税別)です。国産うなぎの約6分の1の価格です。


・デビューして1年。昨年の夏の販売数は100万パックでした。今夏は192万パックを見込んでいます。


・実際、新潟の店舗では気温30度に上ると、本物のうなぎと同じぐらい売れ行きが上がっていく商品です。


・今まで、普通のうなぎでは出来なかった食べ方で料理をしてもらいたいそうです(公式サイトにいろんなアレンジが紹介されています)。


・うな次郎プロジェクトは、「資源保護」と「食文化継承」を目的に開発がはじまりました。


・開発の際には、有名なうなぎ店を数十件、全国食べ歩きをしました(食べログ上位店、ミシュラン一つ星店、創業160年の店など)。
タレの味付けだけではなく、焼き加減、硬さ、脂ののりとかを調べました。


・そして、独自開発の「うな次郎」形成機が完成しました。

unaji02.JPG


unaji03.JPG


・普通のかまぼこは弾力を出す工夫をしますが、うなぎを目標に作っているので、逆に弾力が出ないように製造、配合を工夫しています。


・蒸す、焼く、タレ付けを何度も繰り返します。本物の蒲焼きと変わりません、
焦げすぎないように、なおかつ、香ばしく焼き上げるのに一番苦労したそうです。


・高級なうなぎのように、割っても身と皮の部分がくっついているのもポイント。
安いうなぎは、皮が硬いので身がはがれます。



【実際に食べてみた】


今晩、うな次郎を食べました。
昨日も食べたし、今月で3回めです。


unaji04.JPG


unaji05.JPG


unaji06.JPG


味は、本物のうなぎの蒲焼きに負けているとは思いません。
よく再現したなあと思います。
昨年も発売してすぐ食べたけれど、今年は更に改良されているかも。
素直に美味しいです。


ちゃんと裏の皮まで再現しているのが凄いですね。これ、かまぼこですよ。


気軽にレンジで温めるだけで食べられるのがうれしいです。
しかも安い。


惜しいなあと思うのは、身がちょっと薄いかなあ。
この2倍の厚さがあったら、もっと再現性が高いかも。
あえてしないのは価格もあるけれど、厚みのせいで、かまぼこ本来の弾力が出てしまうのかも。


お隣の石川県にも似たような商品があります。
こちらの方が、厚みがありますね。
味の再現性が気になります。


●うなぎのかば焼き風かまぼこ「うな蒲ちゃん」好評発売中!
http://www.sugiyo.co.jp/feature/unakaba_chan/


このように再現された各商品は、単なる「なんちゃって商品」の域を出ていると思います。


ビールだって、ノンアルコールビールが普通に認知され、広く出回っています。
例えば、お通夜の時、クルマで会場へ行った際とかに便利ですよね。


うなぎの蒲焼きを再現したこれらの商品は、うな重・うな丼以外も、簡単にアレンジ調理できる強みがあります。
年々、売れ行きが倍増していきそうな気がします。



【関連記事】

●「うなぎく(新潟市西区青山)」でうな重を食べる〜2017年の「土用の丑の日」は7月25日(火)ですが、一足先にスタミナ付け
http://kanzaki.sub.jp/archives/003874.html

Posted by kanzaki at 23:35

2017年07月24日

大雨の徒歩通勤の中、「霖雨蒼生(りんうそうせい)」について思う

sadoooame01.JPG


今日、新潟は大雨でした。


マイカーを所有していない私は、当然、今朝も徒歩通勤。


陸戦ガンダムが背負うコンテナのような、巨大なバックパックを背負い出発。
中には、事務所へ行ってから履く靴や、万が一に備えての着替えなどが入っています。
傘、雨具、マリンブーツで完全装備。


滝のような雨の朝でしたが、幸いにも私が歩き始めた時は、少し和らいだので助かりました。
普段よりも早く家を出たので、遅刻もしないで済みました。


しかし、休み明けのせいで意識が軽く朦朧としているのに、朝からフル装備での歩きだったので疲れました。


子どもたちは、先週後半から夏休み。
大雨の通学にならなくて良かったですよ。


明日は少し雨が降って、それ以降は晴れが続くようです。
これで梅雨明けになるのかな?



雨といえば「霖雨蒼生(りんうそうせい)」という四字熟語があります。


意味は、苦難にある人々に手を差し伸べることです。
または、民衆の苦しみを救う慈悲深い人のこと。


「霖雨」は長く降り続く雨という意味から、恵みの雨、恩恵という意味。
「蒼生」は草木が生い茂るという意味から、人民という意味。


今回、日本全土を襲った大雨。
自宅が水と泥でめちゃくちゃになった人がいます。
今だに安否がわからない人もいます。


最近、ニュースに出てくる政治ネタが、非難中傷レベルばかり。
苦しんでいる人達の手助けをしている政治家や企業、個人をもっと紹介したほうがよいのではないかと思ったりします。

Posted by kanzaki at 22:40

2017年07月22日

GLAY(グレイ)のリーダーTAKURO(タクロー)さんが、新潟日報社を訪れ社長と対談〜音楽を通した地域貢献。全国ツアーは9月の新潟市からスタート

glaytakuro01.JPG
(画像クリックで拡大)


・ロックバンド「GLAY(グレイ)」のリーダーTAKURO(タクロー)さんが、新潟日報社(地元の最大手新聞社)を訪れ、社長と対談しました。


・全国ツアーは、新潟公演(9月23日・24日、朱鷺メッセ)からスタートします。

「(新潟のファンを)信頼しているから、スタートの場所にした」


・2004年、中越沖地震直後の新潟ライブでは、2000席のキャンセルが出ました。
翌年2000人のために、2日間の振替公演を開きました。

「震災直後のライブを開くかどうかは難しい決断だった。
振替公演を開催できて、『間違っていなかった』と思えた。
東北の震災もそうだが、大きな出来事があると、教えられることが多い」


・「全国の人に支えられてGLAYはここにいる。
その人たちが共に歩く道の途中で困っているのであれば、手助けしたい。
GLAYは幸いにも全国に名が知られている。
そうしたバンドこそできる地域貢献がある」

その一例として、故郷・函館の大規模ライブや、財政破綻した夕張市への再生支援、東日本大震災後に開いた東北エキスポなど。


・「GLAYのリーダーとして、自分の仕事は誰かのために汗を流すことだと気付いた。
(中略)
仲間を信じてやってきた僕らの音楽で、見知らぬ人が勇気づけられるとしたら、こんなすばらしいことはない」


※※※


自分が持っている力で、誰かの手助けをするというのは、とても素晴らしい考えだと思います。


「プロボノ」という言葉があります。
各分野の専門家が、その職業上持っている知識・スキルや経験を活かし、社会貢献するボランティア活動のことです。


ボランティアとプロボノの違いは、ボランティアは「時間」(単純労力)のみを提供、プロボノはその人が自分の職業を通じて身につけた「職能」を提供するところです。


弁護士なら弁護活動や法律相談、プログラマーならシステム開発能力、建築家なら建物の設計能力を提供します。
アメリカの弁護士は、年間50時間以上のプロボノ活動を行うことが推奨されています。


GLAYは、音楽で地域貢献をされています。
長年の実績と、全国に大勢いるファンのみなさんだからできることだと思います。


新潟市の朱鷺メッセのライブ、とても楽しみです。

Posted by kanzaki at 12:44