2018年02月19日

映画「マンハント(ジョン・ウー×W主演チャン・ハンユー&福山雅治)」の感想〜これは「昭和の仮面ライダー」だと思いながら、ツッコミを入れて楽しんで観るのが勝ち


ジョン・ウー×W主演チャン・ハンユー&福山雅治『マンハント』予告編

●映画『マンハント』公式サイト - GAGA
http://gaga.ne.jp/manhunt/


【映画を観た感想】

甘めの評価:★★★☆☆

・大阪を舞台に、日本映画では出来ないであろう派手なアクションシーンをたっぷり2時間鑑賞できます。
深く考えず、このアクションを楽しんだ人が勝ち。
細かいストーリーとか、ちょっとへんてこりんな日本観をツッコミを入れながら楽しむのが正しい鑑賞法です。

・無実の罪をきせられた主人公が、真犯人を追っていくミステリー・・・・・・かと思ったら、ミステリー要素はまったくありません。

・最後、製薬会社にある秘密基地が出てきてからは、もうニヤニヤしてしまいました。
完全に、東映の特撮ヒーロー番組です。
実験体になる人間に、変なヘッドバンドを着け、なんか薬を投薬して殺人兵器に仕立てるさまは、完全にショッカーの改造手術ですよ。

・これは、「『昭和』の仮面ライダーをジョン・ウー監督が、大金を注ぎ込んでつくった作品」だと感じました。
ストーリーや設定が、昭和のアクション映画、特撮映画のテンプレどおりなんです。

・人を怪人に変貌させる薬を開発し、それで世界征服を企む日本の製薬会社「ショッカー」。
それに立ち向かうは、福山雅治が変身して戦う「仮面ライダーガリレオ」。
2号ライダーはチャン・ハンユー。ショッカーの薬で怪人になったけれど、自我を取り戻して、悪をやっつける!
悪の首領・國村隼を倒そうとするのですが、その前に立ちはだかるのは、自ら薬を投薬して怪人になった息子の池内博之。
ヒロインたちも加勢し、ついに悪の秘密結社を壊滅する話しです。
東映の特撮ヒーローと違うのは、変身しないで生身で戦っていることだけ。
どんな派手なアクションをしようが、ほとんど無傷(服もきれい)で戦い切ります。
誇張でもなんでもなく、観た人ならば、「うん、昭和の仮面ライダーだ」と納得してもらえると思います。

・ストーリーが凝った平成仮面ライダーではなく、ベタな昭和の仮面ライダーが今でも楽しめる人ならば、気軽に鑑賞できますよ。

・日曜の夕方に観てきました。
観客は私を含めて5人。
かなり前の方に2人、かなり後ろに2人。
私は、超ど真ん中で鑑賞。
だから、もう貸し切り状態ですよ。
なにも考えず、アクションの連続を巨大な映画館で、たった一人のために上映してくれているような感じで、大変満足でした。

・冒頭からしばらく、「アジア人が思う間違った日本」という感じが続き、このまま続いたらどうしようと思いました。
福山雅治さんと桜庭ななみさんによる捜査が始まってからは、まあ割りかし日本風味になって安心しましたよ。
それよりも、福山雅治さんをはじめとする日本人が喋るセリフと、その口の動きが合っていないのです。
声と唇の動きがずれている。
それが、もの凄く違和感でした。
アジアで上映する際、向こうの言葉で吹き替えするためなのかな?
日本が舞台なのに、かなりの部分が中国人の俳優さんというのも違和感でした。

・大阪で撮影しているけれど、出演している人も含め、「アジア人が出演するアジア(大陸)映画」という感じ。
中国の人が、日本を舞台に映画を作ると、映像がアジア映画になってしまうのが不思議でした。
日本の映画やドラマ、小説などにある「行間を読む」とか「余韻」というようなものはありません。
ひたすら、パワーオブパワー。
目の前に動いているものだけが現実という感じ。

・福山雅治さんでさえ、最後の最後になるまで、日本人の心を忘れ、睨みを効かせたパワーオブパワーな人物です。
やはり笑顔とか余裕の表情があったほうが、福山雅治さんらしい。
まだ、福山雅治さんだから、あれでまだ済んだと思います。

・唯一、桜庭ななみさんだけが、「あっ、まともな普通の日本人だ」と思いました。
ルックスのせいもあるのでしょうが、この映画の唯一の癒やしです(かわいいのだから、黒目を大きくするカラコンなんて装着しなくてもいいのに・・・)。
上司である福山雅治さんと捜査する相棒なわけですが、この2人によるスピンオフドラマが観たいと思いました。
もし、ガリレオのシーズン3があるなら、桜庭ななみさんを相棒にしてほしいです。

・そんなわけで、映画を小難しく考えず、東映の特撮ヒーローものだと思い、あれこれツッコミを入れながら鑑賞してみてください。

Posted by kanzaki at 23:15

2018年02月17日

「他人に振り回される」という生活はやめるべき

精神分析で『置き換え(Displacement)』という言葉があります。


自分自身が振り回されたことで感じた『怒り』を、自分よりも弱い者に対して向けてしまうことです。


気をつけないと、いつか自分も部下や同僚を振り回すようになるかもしれません。
あるいは、既に振り回しているかも。


冷静に見つめなおすべきは、職場の態度だけではありません。
職場で振り回されている男性ほど、無意識のうちに家族、特に妻を振り回している可能性があります。


もし家族が自分に対して萎縮していたり、自分を避けたりしていたら、自分が無自覚型の振り回す人になっている可能性を疑ったほうがいいかもしれません。

(PRESIDENTより)



要するに、『八つ当たり』というやつですよね。


弱い者が、さらに弱い者を傷つけるのです。
こういうことは、永遠に負の連鎖として続いてしまうものです。
これは、自分のところで断ち切らねばと思います。


そもそも、「他人に振り回される」という生活をやめるべきですよね。
身勝手でワガママな相手に目をつけられないようにしたいものです。


振り回される人は、下記の傾向が強いです。


「自己評価が低い」

「弱い立場」

「強い欲求不満」

「他力本願」

「孤立している」

「振り回す人に対し、防御本能が『危ない』と警告を出しても無視してしまう」

「振り回す人に利用されている事実を認めることを恐れる」


人から振り回されないためには、こんなことが考えられます。


「人を観察、分析する癖をつける」

「疑ってかかる」

「すべてを断るのは無理でも、交渉して一部を断る習慣を身につける」

「言った言わないのトラブル回避のため、第三者を交え、証拠を残す」

「『いい人』として人に気に入られることばかり考えていると付け込まれやすい。自分のほんとうの欲望を見極める」

「相手の理不尽な要求を満たそうと努力しがち。どんどんスルーしよう」

「離れる(離婚・退職)という決断をする」


振り回す人というのは、「この人は何をしても言い返さないから大丈夫」というのを鋭く嗅ぎ分けています。


自分の人生・生活を消耗させないためには、振り回されないのは大切なこと。
いろんな方法があると思いますが、渡しは「離れる」というのが一番だと思っています。
物理的に無理でも、精神的に離れることはできますから。

Posted by kanzaki at 23:45

2018年02月16日

仕事を「爆速で終える人」は、最初に「ちょっとだけやってみる」を実践している

●仕事を「爆速で終える人」は何をしているのか
http://toyokeizai.net/articles/-/208194

「新しい仕事が来たら、どんなに忙しくても、とりあえずちょっとだけやってみることが大事なんですよ。
ちょっとだけやってから横に置くんです」

「ちょっとだけやってみる」ことの4つの効果

(1)難易度が把握できる
(2)内容を正確に理解できる
(3)裏で準備を進めることができる
(4)情報への受信感度が高まる

今回紹介した「ちょっとだけ」は、事前の工夫によって、その後の仕事により効果的に取り組めるようにするといった、仕事の質を変えることの一例です。



最近読んだ、どのビジネス書よりも納得できました。


確かに、ちょっとかじってみることで、その仕事の難易度というか危険度が嗅ぎ分けられますよね。
過去の経験に照らし合わせて、スケジュールをざっくり組み立てられます。


最初に、さっさと関係ある人と会話をして、方向性を探るなり、不足している情報を補うのも良いですよね。
同じ社屋なら、別の階であろうが出向く。
他の店所の人、外部の人ならば、さっさと電話する。
事件でいえば「初動捜査」なので、ここで主体性を持って動くと、良い情報がどんどん入ってくるものです。
ドラマの主要キャストを集めるのに等しい。


今日、「ちょっとだけやってみる」を意識的に仕事に組み込んでみました。
確かに、最初の段階で全体のスケジュールを組み立て、重要人物とさっさと連絡をとることで、うまく仕事が進みました。
朝の早い段階で動いたので、重要人物達と確実に連絡とれたのも良かったです。
その会話の中から、自分がうっかりしていたことを気づくこともできました。


この時に使ったのって、紙とボールペン、携帯電話(ガラケー)だけでした。


深い部分や、自分ひとりで済むようなことは、正直後回しでもいいですからね。
そうなってから、パソコンをはじめとする機材や資料・文献を使います。


最近は特に、仕事は「段取り」が大切と感じています。
きっと「ちょっとだけやってみる」は、「段取り」のことなのでしょう。


早い段階でスケジュールを組んだり、不明な点を補ったりして、後半になってドタバタしないようにしたいものです。


このやり方、もの凄く良いのですが、ある意味劇薬みたいなものです。
どんどん主体的に動いて、いろんな人と会話し、ものごとがどんどん展開していくので、夕方にはもの凄く疲れてしまいます。
体力・精神ともにへたれてしまいました。
今日は、夜22時ぐらいまで職場で働いていましたが、さすがに意識がもうろうとしました。
ただ、充実感は半端ないです。

Posted by kanzaki at 23:55