2017年03月28日

夏目漱石の講演集「私の個人主義」〜人間が行う広義の仕事とは、「道楽」と「職業」に大別できる

「私の個人主義」とは、夏目漱石の講演集です。


●Amazon.co.jp: 私の個人主義 eBook_ 夏目 漱石_ 本
https://www.amazon.co.jp/dp/B009IXKMHQ/
(0円のkindle版)


●人間が行う広義の仕事→「道楽」と「職業」に大別。

・・・「道楽」:己のためにする仕事

・・・「職業」:人のためにする仕事

・・・・「道楽」と「職業」の間にある折衷的なもの:道楽的主義という一種の変体


●「道楽的主義という一種の変体」とは?

職業とは、他人のために汗水を流す「苦役」だった。
芸術家や学者は、ワガママに己の道を貫いて成功する。
彼らにとって道楽=本職。
自分の好きなことに打ち込むのは「道楽」であり、遊びの領域。
絵描きや物書きが、一般市民から尊敬を集めるなど、歴史的観点からみればついこの前までなかったのである。


※※※


今は、自己本位の道楽そのものが、他人本位の職業として成立し、多くの報酬を得られる時代です。
昔ならテレビに出てくる人(歌手とか芸人、文化人)ぐらいでしたが、今では、ユーチューバーなんてものもあり、子どもたちのあこがれの職業だとか。


その半面、自分がなりたい職業の1位は「公務員」というのが、今の日本です。
学生には、気軽な職業の割に給料が高くて、他人に自慢できる職業だと思われているのかもしれませんね。


仕事なんて、どの会社に入ったかではなく、そこでなにをやったか、なにを考えたか、誰と出会ったかが大切です。
どの職業であろうが、いろんな体験はできるし、いろいろと深く考えられます。


現実をきちんと受け止めて、自分なりに前向きに解釈できるようになるのが社会人だと思います。


社会人になって、もう何度目の春になるのか忘れました。
けれど、心はいつも、春のような穏やかさで満ち足りていたいものです。

Posted by kanzaki at 23:26

2017年03月26日

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」の感想〜せっかく理系の話しで作り込める内容だったのに、なぜか文系の作風にしてしまって残念でした

●映画「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」オフィシャルサイト 神山健治監督初の劇場オリジナルアニメーション!
http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/



『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治監督作品なので、期待して観に行きました。
攻殻機動隊は、押井監督版より、神山監督のシリーズの方が大好きです。
私が行った映画館では、狭いスクリーンではあるものの、ほぼ満員でした。


以下、ネタバレを含みます。


・客層的には、深夜アニメを観ない感じの人ばかりでした。
予告が、「君の名は。」のような雰囲気だったので、そういう作風を期待していたのではないでしょうか?
残念がらこの映画は、まったく作風が違います。
東京オリンピックの年を舞台にした、自動車の自動運転の開発ストーリーが主軸です。
そこに家族の話しを織り交ぜたもの。
だから、ほとんどの人が、がっかりしたのではないでしょうか。
上映後、帰るお客は無言というか、疲れただけという空気でした。
日テレが携わったアニメ映画なので、1年後に「金曜ロードShow!」で放送されるのを1回観ればよいかな。


・主人公が眠ると、SFとファンタジーが入り混じったスチームパンク的な夢の世界へ突入します。
けれど、外国のスチームパンクというより、ドラえもんの映画版あたりで出てきそうな雰囲気の柔らかい感じ。
エヴァンゲリオンに出てきそうな使徒と、映画「パシフィック・リム」に出てきそうな巨大ロボットが戦います。
このロボットの戦闘シーンにものすごく時間を割いています。
予算もスタッフも総動員していそうな気合っぷり。
しかしこのロボット戦は、あまり意味がないというか、かえってこの作品の根幹部分を薄れさせてしまっているように思います。
ロボットに翼が生えて宇宙へ行ってしまった時には、ぽか〜んとしてしまいました。
それに、なんの意味があるのだろうかと。
ロボットアニメが好きな私でもそうなのですから、館内にいたお客は、もっと混乱していたでしょう。


・眠ったときの世界と、現実の世界が交互に展開します。
しかし、眠ったときの世界は、映像的には凄いとは思いますが、ほとんど意味がありません。
最後あたりになると、現実と眠ったあとの世界がごちゃまぜになり、観ている方は理解しずらいです。
そのくせ、意味不明なままで説明されずに終わってしまうから、よけいに????となります。
例えば、主人公の母親の死因や、なぜ主人公が現実の世界で、建物の高い場所から落下しそうになったのか等。
そもそも、なんで眠ると、こんな世界の夢を普通の女の子が観るのか?
タイトルにまでなっているのだから、ストーリーにちゃんと絡ませてほしかったです。


・眠ったあとの世界なんてやらずに、現実世界の話しだけで展開した方が良かったのではないでしょうか?
夢の世界観の表現に時間を割きすぎて、肝心な登場人物たちの考えがものすごく薄っぺらになっていました。
薄っぺらなだけではなく、技術者がたくさん出てくるのに、考えが基本的にアホなせいでイライラします。
ストーリーに関係のない巨大ロボット戦は不要。
せいぜい、ロボットに変形するサイドカーだけで十分だったように思います。
そのサイドカーも変形なんてせず、べたかもしれませんが、母親の思考とか記憶を内蔵させて、主人公たちの困難を助ける方が良かったです。
自動運転の技術とAIは、関連性も多いですしね。


・主人公の旅に同行する幼馴染の男の子は、たくさん劇中で行動しているのに、印象にまったく残らないモブキャラ。
主人公も含めて、どのキャラも薄い。
全員がモブキャラかも。
考えて、努力してピンチを乗り越えるという意志がまったく感じられません。


・最後、主人公が高いところから落下するのをみんなで助け、成功して拍手喝采のシーンは、どことなく「魔女の宅急便」のラストみたい。
この映画、いろんな作品の美味しい部分を高画質で組み合わせているのに、どうにも薄味なのが惜しい。
最後らへんになると、サイドカーが自分の意志で大活躍するのは、なんにも伏線ないですよね?
あれなら、主人公の母親の思考を組み込んだベタな設定のほうがすんなりいきます。


・車両のハードウエアの修理が得意な父親、AIに関連するプログラムなどソフトウエアの開発が得意な主人公へ設定変更。
二人の前に現れた意志を持ったサイドカーで旅をするベタな話しのほうが、ベタな展開かもしれないけれど、キャラがイキイキしたように思います。


・エンディング曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」がとても良い雰囲気。
主人公の父親と母親が、自動車の自動運転開発を通じて、親しい仲になる映像はとても良かったです。
主人公の父親と母親を中心にした話しでも面白かったかも。
まだこの二人は劇中で、自分の考えがありましたから。


せっかく、理系な雰囲気で展開できる作品だったのに、なぜか文系な作風にしてしまったのが残念です。



映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』主題歌予告(デイ・ドリーム・ビリーバー)【HD】2017年3月18日公開

Posted by kanzaki at 20:04

2017年03月25日

原田泰造さん、撮影中に47歳になり、共演者らから祝福〜新潟市にて原田泰造さん主演映画「ミッドナイト・バス」の撮影中

mnb0325_03.JPG


・3月24日、原田泰造さんは47歳の誕生日を迎えました。


・この日は、自身が主演する映画「ミッドナイト・バス」の撮影日でした。
新潟市で迎えた誕生日をキャストやスタッフが祝福しました。


・原田さんは
「ありがたい。演技に気持ちが入る。
ミッドナイト・バスの撮影中に誕生日を迎えられてうれしい。
映画の成功を願っている」

と語りました。


・場所は、葵わかなさんが演じる娘が暮らすシェアハウスを訪れるシーン。
このシーンも、新潟県で撮影されています(新潟市西蒲区角田浜)。

劇中アイドルユニット:マジカルワンダー娘(ガールズ)
・・・葵わかな(今秋のNHK連続テレビ小説「わろてんか」の主役)
・・・舞川みやこ (アイドルグループ「ディア☆(ディアスターズ)」のメンバー)
・・・長谷川玲奈(新潟のアイドルグループ「NGT48」のメンバー)



サプライズのケーキの上には、チョコレートのシートに、劇中で使用されているバスがプリントされていますね。


映画は多くの人が参加してつくられるもの。
ある意味、家族みたいなものです。


映画の登場人物に感情があるのと同様に、俳優さん・スタッフさんにも感情があります。


今回のような、アットホームな出来事は、この映画に携わるみなさんにとっても、プラスになる出来事だと思います。


映画でもドラマでも、「きっと、よい雰囲気の中で撮影されたんだろうなあ」という感じは、不思議とにじみ出てくるものです。


きっと、この映画「ミッドナイト・バス」も、素晴らしい作品になるように思います。



【関連記事】

●映画「ミッドナイト・バス」製作発表〜ほぼ全て新潟県ロケ。主役は原田泰造さん。3月18日は万代シテイパークにて600人のエキストラを入れてライブシーンを撮影
http://kanzaki.sub.jp/archives/003787.html


●もう一つの主役であるバスは、ハクチョウがモチーフ〜新潟市にて原田泰造さん主演映画「ミッドナイト・バス」の撮影開始
http://kanzaki.sub.jp/archives/003794.html


●主人公の娘役を演じる「葵わかな」さんが、今年秋からスタートするNHK連続テレビ小説「わろてんか」の主役に決定〜新潟市にて原田泰造さん主演映画「ミッドナイト・バス」の撮影開始
http://kanzaki.sub.jp/archives/003795.html


●3月18日、アイドルユニットのライブシーンを万代シテイパークで撮影〜新潟市にて原田泰造さん主演映画「ミッドナイト・バス」の撮影中
http://kanzaki.sub.jp/archives/003800.html

Posted by kanzaki at 14:20