2016年07月26日

たまに、自分が住む街の見慣れた景色が、どこか遠くの地のように感じることがあります

この前の休みの日、画廊で絵を描いていました。
夕方、自宅へ歩いて帰るときのことです。


とても暑く、夕焼けのきれいな時間帯。
道路の反対側には、朱色の大きな鳥居のある神社が見えます。


ふと、自分がいるここは、どこか遠くの見知らぬ別の場所なんじゃないかと錯覚しました。
やけに綺麗な景色に見え、観光旅行をしている最中のように感じたのです。


景色がとても広角にだだっ広く、私の目の中に飛び込んできました。
なんともいえない、とても心が穏やかな時間でした。


たまに、こういう錯覚を覚えることがあります。
自分が住む街の見慣れた景色が、どこか遠くの地のように感じるのです。
たいてい、夕焼けの綺麗な時間帯です。



母にそのことを話しました。
すると、「それはきっと、今が幸せなんじゃないのかな」という言葉が返ってきました。


見慣れたごく当たり前の景色が素敵に見えるということは、景色が変わったのではなく、自分の心が変わったからなんだと。
しかも良い方向に。
世間は変わらずとも、自分の考え方ひとつで世の中は素敵に見えるものだから。



自分の置かれた立場や人間関係、所有している持ち物がアップグレードしたからといって、必ずしも幸せになるわけではない。
ある程度の年齢になると、そのことに気づくものです。
欲は欲を生み、際限なくその枯渇した欲望を満たそうとします。
だから、いつまでも幸せになんてなれない。


すでに置かれた立場や人間関係、所有物に、あらたな価値を見出して笑顔になるほうが、ずっといい。
自分の心が変われば、それだけで幸せは近づく。
青い鳥じゃないけれど、幸せは気づかなかっただけで、すぐそばにあるものなんだと。


こう感じ続けられるように、穏やかに生きたいものです。



(上記で書いた神社とは、この動画で紹介されている白山神社です)

Posted by kanzaki at 23:34

2016年07月24日

「悩みどころと逃げどころ (小学館新書:ちきりん・梅原大吾)」〜「良い人生」はわからないけれど、「良い習慣」は日々の生活に入れた方がよいと私は思います

iijinsei01.JPG


●悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1) _ ちきりん, 梅原 大吾 _ 本 _ Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/dp/4098252740/


質問する力を鍛えず、勝ち負けも極力排除する。
失敗や回り道を否定し、すべて同じ物差しで評価する。
学校って、いい人生を送るために必要なことを教えてくれているの?
学校的価値観が提示する「いい人生」が、多くの人をその人なりの「いい人生」から遠ざけている。


新聞に、この本の紹介がありました。


「いい人生」と大きくふられると、どう答えたらいいか分かりません。
幸せなんて、立場や地位、お金や時間だけで測れるものではないからです。


日々の何気ない出来事の中に、素敵なものを発見できたり、良い解釈ができる人は、「いい日々」を過ごせているとは思います。



社会のルールが複雑化し、それに追いつくだけでも大変。
制度や保障が、必ずしも最高の状態だとはいえない。
だから当然、愚痴も出ます。


愚痴も出るけれど、24時間のうちで、まったく何も微笑むようなことが無いというのもおかしい。
それは単に、微笑むことを拒絶しているだけです。
率先して自主的に。


学校が多くの人をその人なりの「いい人生」から遠ざけているとは思いません。
社会に出て何十年も経ちますが、やはり高等教育を受けた子たちは、きちんとしていると感じますもの。
物腰が柔らかく、受け答えもきちんとし、もしなにか間違ったとしても助言を受ければ柔軟に対応できています。
社会に出て間もない子たちがそういう感じということは、今の学校教育はそうそう間違っているとは思えないのです。



その人なりの「いい人生」はわからないけれど、「いい日々」なら理解できます。
素敵な毎日を送りたければ、自分の気持ちひとつで変われますもの。


ときには荒むこともありますよ、当然。
けれど、「人生」ではなく「日々」なら、なんとか軌道修正もできます。


その軌道修正をする小さなきかっけは、「良い習慣」だと思います。
小さいけれど持続しているからこそ強いのです。
それこそ、この「良い習慣」は人によるでしょう。
無理のない労力と時間で、毎日続けられるものです。


明るいあいさつ。
綺麗な言葉を発する。
丁寧に字を書く。
植物に水を与える。
寝る前に、その日にあったことを振り返り感謝する。
食べたらすぐに食器を洗って拭き、食器棚へ片付ける。
出したもの(本など)は、使ったら元の場所へきちんと戻す。


なんでもいい。
そこに、逃げも否定もない。
学校教育なんて小難しいことも横に置いておけ。
あるのは、穏やかで静かだけれど、背筋の通った姿勢と心構えです。

Posted by kanzaki at 23:38

2016年07月23日

これから10年ぐらいで、生活の感覚・時間の感覚に変化が出てくるとしたら、「やめる」「あきらめる」という感覚ではないかと思うのです

imamukasi01.JPG

上記は同じ日本人でも、時代によって生活の感覚・時間の感覚は変わるという内容です。


現代、バブル時代と大きく異なるのはやはり、インターネットとスマホを誰でも扱えるということでしょうかね。
特別な存在ではなく、テレビ・冷蔵庫・電子レンジのような家電と同レベルといっていいです。



職場の環境も変わりましたね。
デスクには当たり前のようにノートパソコンが置いてあります。


昔は表計算といいますと、オフコン上にて表計算ソフト「LANPLAN(ランプラン・日本電気)」を使っていました。
記録は、8インチのフロッピーだったかな。
ワープロは、今のノートパソコンみたいな形のワープロ専用機を使っていました。
大したことはできませんが、当時はそれでも十分だったのですよね。
その程度で済む仕事のレベルだったのです。
しかも、今の私と同じ年齢ならば、給与もずっと多かった。


今の方が、便利といえば便利。
昔なら、業務用の巨大なサーバー上で取り扱っていたようなデータも、コンパクトなファイルサーバー上で管理し、パソコンで扱うようになりました。
維持費もぐっと安くなりました。
プログラムもそれなりの規模以下なら、マクロで組んだエクセルのファイル上で十分扱えるようになりました。


私の扱っている業務の一部も、マクロで組んだエクセルファイルへ移行しました。
マクロでがっつり作りこめば、かなりのものができます。
データの2次利用なども容易になりました。


インターネット、メール、グループウエア、officeソフトなどは当たり前。
一般社員ですら、あらゆるガジェットを使いこなし、業務にいそしんでいます。


けれど、なぜか仕事は楽になりません。
やることが増えているし、当然のように速さと正確さも求められます。
ちょっとしたミスで、あっという間に大規模な被害になりやすくなったのも恐怖。


法律関係も、幾重にも改定・改訂されてきて、それを実務レベルで解釈するのも難儀です。
悪用する人がいるおかげで、まっとうにやっている人まで、必要書類が増えて大変です。
まったく楽にはならず、複雑化する一方です。
ギリギリで追いついている状態なのですが、他社の担当者も同じ心境なのかなあ。


とくに給料が増えるでもないし、やりがいがあるわけでもない。
みんな違和感を感じつつも、家族やローンのために、そうそうドロップアウトできません。


私には背負うものも、借金やローンも、体の脂肪もありませんので身軽ですが・・・。



たぶん、これから10年ぐらいで、生活の感覚・時間の感覚に変化が出てくるとしたら、「やめる」「あきらめる」という感覚ではないかと思うのです。


最近、断捨離とかミニマリズムとか、もてはやされています。
要は、あれの仕事版です。


仕事を減らすには、一人で抱える量をうまく、複数人で割り振る必要があります。
けれど、それも限界があります。


大本である社会のルールや、諸々の法律・決まり事を減らさないといけない。
肥大化しまくるこれらが諸悪の根源ですから。


そもそも、働く人の人数が減っていくのに、やることが反対に増えていては、いずれ破綻します。
ルール、決まり事を減らすのは怖い面もあるけれど、いい加減に増えすぎです。


食べるために働いているのか、働くために食べているのか分からない状態は、もうおしまいにしなくては。


自分も含め、まわりの人たちが疲弊しまくっているので、そう思う毎日です。


※※※


大倉修吾さんが逝去されました。
新潟県民にとっては、大橋巨泉さんと同じぐらいショックです。
大倉さんのラジオ番組を知らない人はいません。
新潟弁で軽快かつ、シモネタ全開で面白かったなあ。


天国でも、ラジオの楽しいパーソナリティをやってください。
ご冥福をお祈りします。


ookura01.JPG


ookura02.JPG

Posted by kanzaki at 22:43