2017年12月13日

ネットで評判。菊水堂(埼玉県八潮市)の「キクスイドーのポテトチップ しお」を食べました

kikusuido_02.JPG

「キクスイドーのポテトチップ しお」をもらったので食べてみました。


●できたてポテトチップの菊水堂
http://kikusui-do.jp


埼玉県八潮市にある会社だそうです。


各地域ごとに、お菓子はいろいろあるものです。
しかし、その地方のみのポテトチップスというのはあまり知りません。


あとで知ったのですが、ネットで評判なのですね。
「マツコの知らない世界」でも取り上げられたとか。


kikusuido_10.JPG


kikusuido_05.JPG


kikusuido_06.JPG


ポテトチップスの一つ一つが素朴かつ小ぶりで食べやすいです。
そして、とても白くて綺麗ですね。
塩味のあっさりとした味付けで、年配の私でも食べることができます。
胃もたれとかしなさそう。


コンビニで売っている、よく見る他社のポテトチップスは、味付けが濃いし、調味料というか出汁みたいなものが効いています。
それはそれで良いのですが、菊水堂は素朴でいいですね。
なんというか、買ってきたじゃがいもを包丁でスライスし、自分で揚げたような素朴さ・丁寧さを感じました。


「直火炊き連続チップフライヤー」をつかっているとか。
これが秘訣なんですね。


通販で売っているそうなので、今度は買ってみたいと思います。


ちなみに、新潟にも「新潟チップス」というものがあります。
これ、じゃがいもではなく、お米チップスなのです。


●新潟チップスの新潟堂
http://www.niigatadou.co.jp/

Posted by kanzaki at 22:58

2017年12月12日

今年の「NHK紅白歌合戦」の観覧抽選も、安定のハズレでした

kouhakurakusen.JPG
(落選はがき)



毎年、「NHK紅白歌合戦」の観覧に応募しています。
もう10年以上出しているように思います。


残念ながら今年も、抽選にはずれました。


毎年10月、往復はがきで応募します。
当選でもハズレでも、上記のように抽選結果が送られてきます。


母を生で観せてあげたいと思って、ずっと申し込んでいるのですが、なかなか当たらないものですね。


○応募総数 932,319枚
○当選枚数   1,223枚


これは当たる気がしません・・・。


外れましたので、今年の家族旅行の行き先は変更です。
東京とは間逆な、雪のふる町の温泉宿にしようかなと画策中。


昨冬、雪ふる温泉宿で、川端康成の「雪国」をぼんやり読んでいた時間が至福でした。
今回も観光などせず、宿でくつろぎたいですよ。


こんなんだったら、AKB48紅白対抗歌合戦を観覧すれば良かったです。
新潟発アイドルのNegiccoとNGT48が共演したのですから。


●Negicco『AKB48紅白対抗歌合戦』での“緊張”と“喜び”「横山さんと指原さんが…」|BIGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1211/tec_171211_3604443701.html



Posted by kanzaki at 22:58

2017年12月10日

五郎 万代店(新潟駅前)〜白菜と豚肉のミルフィーユ鍋(レモン仕立て)を最後に雑炊でいただく

mon201712-017.JPG
白菜と豚肉のミルフィーユ鍋〜レモン仕立て(1人前980円)


mon201712-022.JPG
上記の鍋で雑炊を作ってもらいました。



●五郎 万代店 (ごろう) - 新潟_居酒屋 [食べログ]
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000444/
住所:新潟県新潟市中央区東大通2-3-15 2F


「五郎」は、新潟市の繁華街「古町(ふるまち)」で開業して30年以上。
こちらの万代店も、常に満員の人気店です。
万代店は、新潟駅から歩いてすぐそばということもあり、県外から来た人にも好評なお店です。


夜1時過ぎまで開いているのもありがたいです。
寒い季節、複数の店をはしごするのは好きではありません。
同じ店でじっくり飲んだり、食べたりするほうが好きです。


夜中12時を回ったので、いつもならば最後に、このお店の名物「五郎めし(580円)」をいただくところです。
NGT48の太野彩香(たのあやか)さんの好物でもあったりします。


gorou2017.JPG
(白米にのせた様々なトッピングを豪快に混ぜて味わう個性派丼)


白菜と豚肉のミルフィーユ鍋を食べていました。
白菜と豚の組み合わせは、体に負担がかからなくて良いですよね。
出汁はエグみの無い、のどをスッと通る優しさ。
さらに、アクセントのレモンが、いい演技をしてくれます。
こういう鍋なら、毎日でもいいですね。


店員さんがその鍋をいったん引き上げて、雑炊を作ってくれました。
この雑炊のうまさは、冬将軍も逃げてしまうほどでした。
これは洋食にはマネのできない味です。
五郎めしを食べようかと思っていましたが、思わぬ伏兵に大満足でしたよ。


満腹でお店を出ました。
冬の寒さはかわらないけれど、体の中から温まることができて、気分は春のような陽気でした。


※※※


mon201712-006.JPG

mon201712-010.JPG

mon201712-007.JPG

五郎酒(一合480円)
(五郎でしか味わえないオリジナル限定酒。五郎の料理を引き立てるように合わせたスッキリ辛口のお酒)


mon201712-002.JPG

mon201712-003.JPG

刺身おまかせ盛り合わせ7品(1200円)
(ノドグロもありました)


mon201712-004.JPG

漁師風サラダ(880円)
(魚介のサラダ。ガーリックドレッシングで)


mon201712-009.JPG

南蛮海老5種盛(1080円)
(刺身、頭唐揚げ、酒盗和え、塩麹和え、昆布〆。甘エビを新潟では「南蛮エビ」と言います。いろんな味が楽しめました。食感がそれぞれ違います。和えたものは、ねっとりした感じ)


mon201712-011.JPG

タラと白子のやわ肌ネギもと焼き(800円)
(「やわ肌ねぎ」は新潟のブランドねぎ。
地元のアイドルNegiccoは、このPRユニットとしてデビューしたのです。
白子のプリンプリン感。
もんじゃ焼きっぽいネギ焼きが魚に合います)


mon201712-008.JPG

串揚げ盛り合わせ5種(1140円)

Posted by kanzaki at 20:25