2024年04月16日

男性に話しかけるときの「3秒ルール」

otoko3byou.JPG

●『コミュニケーション・ストレス 男女のミゾを科学する (PHP新書)』(黒川 伊保子 著)より


男性脳の音声認識機能が停止するのは、「ゴールのない長い話」の際だけではない。
テレビを見ながらぽーっとしているとき、スマホに夢中になっているとき、考え事をしているとき、作業に夢中になっているとき、男性脳は、音声認識機能を切っている。
このため、いきなり早口でまくし立てると、まったく聞き取れないのである。


音声というのは、最初が聞き取れないと、最後まで雪崩れるようにわからなくなってしまう。
外国語のヒアリングで、一部聞きそこねると、後が取り返しがつかなくなるのと一緒だ。

ーーーーーーーーーー

もう一度言わされてムカつくくらいなら、以下の3秒ルールを順守しよう。  


男性に話しかけるときは、


〇覲Δ貌る場所に立って、


¬樵阿鮓討鵑任ら2〜3秒空け、


ゆっくりと本題に入る。
 


妻の話がちゃんと聞き取れるから、質問にすぐに答えられる。
ただこれだけで、「夫にはうんざり」の回数が本当に減る。  


職場の男性にも、このルールはよく効く。  


数年前に出版した本の中に、この3秒ルールを書いたのだが、「男性部下との意思の疎通は格段によくなりました」というメールを何通ももらっている。  


うるさそうに「はぁ?」と聞き返してくる部下が、性格が悪いわけでもなく、女性上司をなめているわけでもなく、単に聞き取れないだけだったなんて、驚愕の事実でした、とある女性は話してくれた。


※※※※※


【コメント】


これは良い対応方法ですね。
いきなり話しかけられると、聞く姿勢が出来てないので、頭に言葉が入ってこないですから。


礼儀作法的にも良さそうです。


これをやるには、話しかける側が冷静でないといけない。
そうじゃないと、2〜3秒空けるという「間(ま)」を作れませんから。


冷静に、冷静に。

Posted by kanzaki at 2024年04月16日 06:47