2023年09月08日

自分を「定点観測」する効果

teitenkannsoku.JPG

●『禅、シンプル生活のすすめ――1日ひとつ、すぐにできる“自分の整え方” (三笠書房 電子書籍)』(枡野 俊明 著)より


修行僧である雲水の起床は通常、毎朝四時。
起床のことを禅では振鈴といいます。  


洗面を済ませ、四時十五分からは朝の坐禅に入ります。
これを暁天坐禅といいます。


開枕(就寝)の時間が午後九時。
睡眠時間は七時間。


この規則正しい生活を続けるわけです。  


どうして禅僧たちは、そのような生活をするのか。  
それは、心身の変化を敏感に感じられるようにするためです。  


規則正しい生活をしていると、ちょっとした変化にも気づくことができます。
自分を変えたいなら、まず自分の変化に「気づく」ことが大切です。

ーーーーーーーーーー

昨日できなかったことが今日はできるようになっている。
昨日と同じ気持ちには今日はなれない。


定点観測をすることで、自分をあるがままに見られる。
だから、心と体を丁寧にケアし、磨き上げることができるのです。  


丁寧な暮らしは、早寝早起きから始まる。  
いつも心地よくラクに生きるコツです。


※※※※※


【コメント】


規則正しい生活をしているからこそ、ほんの少しの変化にも気付ける。
確かにその通りだと思います。
私もそのような生活をなるべく過ごしています。


その反面、変化を恐れやすくはなっていますね。
心構えがうつろな感じ。
年齢のせいもあるかもしれません。


規則正しい生活で心身を整え、日々生きていく中で、1歩ではなく一度に2歩進める気合いを兼ね備える。
そんな自分になりたいものです。

Posted by kanzaki at 2023年09月08日 06:53