2023年06月08日

貢献は、幸福感が高まりやすくなります

koukennikiru.JPG

●『最高の体調 ACTIVE HEALTH』(鈴木祐 著)より


ミシガン州立大学が約20万人分のデータを精査したメタ分析によれば、人間は次の4つの価値観に幸福を感じやすい性質を持っています。

・自治:どれだけ人生を自由にコントロールできるかどうか

・多様性:仕事や人間関係に多彩さがあること

・困難:人生のタスクに適度な難しさがあること

・貢献:他者の役に立っているかどうか  


いずれも納得の要素ですが、このなかで飛び抜けて影響が大きいのは「貢献」です。
自分の行動が他者に良い影響を与えていると確信できたときほど、私たちの幸福感は高まりやすくなります。


かつてキング牧師が聴衆に語りかけた「人生で最も永続的でしかも緊急の問いかけは、『他人のために、いまあなたは何をしているか』である」という言葉は、定量的なデータでも裏付けられた事実なのです。


もし、「未来の選択に不安を感じたら、試しに「誰かの役に立つ行動はなにか?」を考えてみてください。  


その瞬間にあいまいだった未来は爐い泙海貝瓩房束し、不安が情熱に変わります。
価値観に沿った行動を取る限り、あなたの未来には、もはや失敗がありえないからです。

※※※※※

【コメント】

人のために何ができるのか。
その行動のために一日を費やしたのなら、とても有意義で満足な状態で寝ることができるでしょうね。


人は「死」を感じることで、「生きる」ということを大切にします。
「今日が人生最後の日」だと思って過ごすと、その瞬間瞬間である「今」を大切にします。


その大切な「今」を人のために費やす。
そんな生きる方を大切にしていこうと思います。

Posted by kanzaki at 2023年06月08日 06:56