2024年02月20日

バナナを食べて整腸剤飲んでぬいぐるみ抱いて寝ろ

3tunosyuukan.JPG

●『しつこい不安感が必ず消える セロトニン復活ストレス解消法【対話版】(Jeg 著)より


【ストレス解消の手順】


まずは腸内環境を整える


脳と腸は「脳腸相関」という関係性にあり、腸内環境が変われば脳内も変わって、ストレス解消の道筋が見えてくる。
方法としては腸内を善玉菌優位に保つために「整腸剤」を飲むのが有効である。
おすすめは「酪酸菌」が配合されているもの。(「ビオスリーHi錠」「強ミヤリサン錠」等)


ーーーーーーーーーー


バナナを食べる


整腸剤で腸内に善玉菌を送り込んだら、善玉菌の餌となる「食物繊維」を含む食品を摂取する。
バナナは「食物繊維」を多量に含むだけでなく、「セロトニン」の原料となる「トリプトファン」と「ビタミンB6」も含むため、精神安定効果が高い。
つまり、整腸剤と食物繊維で善玉菌優位になった腸内へセロトニンの原料を送り込むことで、セロトニンを大量生産しようという試みである。
食べる時間は何時でもいいが、理想は一日二本食べること。


ーーーーーーーーーー


「でっかいぬいぐるみ」「抱き枕」「毛布」のいずれかに抱き付いてから寝る


心地よい手触りの布製品に全身で抱き付くとオキシトシンが分泌される。
オキシトシンは入眠を促すだけでなくセロトニンも増やす効果があることから質の高い睡眠を取りやすくなる。
また、抱き付くときは心地よい布の感触のみに集中し、雑念が湧き上がったら即座に思考を触覚に戻し、「私は柔らかいものに触れている」とだけ考えることで瞑想と同等の効果が得られる。


ーーーーーーーーーー

先生:

以上だ。
まぁ長々話したが、細かいとこは忘れてもいい。
とにかく最初は機械的にバナナ食って整腸剤飲んでぬいぐるみ抱いて寝ろ。
それだけでいい。
それだけで、効果は必ず後から付いてくる。
あと、眠れなかったら無理に寝ようとしなくてもいい。
目を閉じて横になるだけで十分体は回復するから。


※※※※※


【コメント】


感覚的にではありますが、理解できるなあとは思いました。


私は毎食後、「整腸剤」を飲むのが習慣となっています。
劇的効果があるかはわかりませんが、「大正製薬:新ビオフェルミンS錠」はストックが無くなりそうになると、アマゾンで注文しています(ドラッグストアより安い)。


他の2点はしてませんが、デメリットはなさそうですね。


いちばん重要なのは、「習慣化すること」です。
日常の当たり前として継続しないと、どんな良いことも効果は出ませんし、出てもそれをやめたら意味がありません。

Posted by kanzaki at 2024年02月20日 07:10