2021年03月16日

相手の協力を得るために、心をつかむようなアプローチの方法〜名前を呼んでから、「今よろしいでしょうか」と尋ねる

koekake.JPG

最近、会社で話す際に意識していることがあります。
それは、相手の名前を呼んでから、「今よろしいでしょうか?」と尋ねることです。


※※※


『とっさの伝え方○×ルール37』(櫻井 弘 著)より


◆名前を呼んでから、「今よろしいでしょうか?」と尋ねる


相手の協力を得るために、心をつかむようなアプローチをするにはどうしたらいいでしょうか。
そのときに重要なのが「相手の名前」を呼ぶことです。


「今よろしいでしょうか、部長」ではありません!
「●●部長、今よろしいでしょうか?」です。


まずは「●●部長」と「名前(+役職名)」を呼んでから一呼吸置き、「今よろしいでしょうか?」と尋ねると、相手の受け取り方はガラリと変わります。


このように、まずは相手の状況をしっかりと認識・理解してから、相手の名前を呼び、相手を尊重していることを伝えましょう。



◆相手を尊重する方法をおさらい!


相手を尊重するコミュニケーションの方法は、相手の立場、年齢などによっても若干、変わってきます。ここでは、ビジネス常識として身につけておいてほしい「相手を尊重する方法」をいくつかご紹介しておきましょう。


〔楙紂年上の方に対して、「敬語」を使って、言葉を使い分ける


¬楙紊諒に動いてもらうようなときには「恐れ入りますが」「お手数ですが」といった「ワンクッション」を入れて、丁寧さや相手を敬う気持ちを伝える


G惷擇鮨ばし、きちんとした「態度や笑顔」で接する


ぁ崛蠎蠅肪僂鬚かせないような心がけや言葉遣いや行動」で相手に伝える


ヂ圓噌腓錣擦筌ぅ戰鵐箸了には、相手より「先に」来てお待ちしている


難しく考えないでください! 「気配り」「おもてなし」「思いやり」を添えることが、相手を尊重するコミニュケーションの基本です。


まとめ!


・躊躇せず、希望時間を伝える


・「●●部長、今よろしいでしょうか?」と相手を見て確認する


・相談内容に加えて、所要時間も伝える


※※※


職場にいますと、「近寄るなオーラ」を発している人が多いです。
声をかけにくいものです。
そのせいで、なぜか私の方へ話しを持ってこられることが多くて困っています。


そういう環境にいるので私自身、人に声をかけて相談や報告をしにくいです。


突破口として、相手の名前を呼んでから、「今よろしいでしょうか?」と尋ねるようにしました。
なかなか効果的な気がします。


そういや意外と、相手の名前+役職で声をかけることって少ないです。
相手の名前に「さん」を付けることが多いです。
あまり関わりたくない相手だと、役職名だけになります。
本当は良くないのですけれどね・・・。

Posted by kanzaki at 2021年03月16日 07:06