2016年09月10日

NGT48劇場・研究生公演「夏の二次会PARTY」を観てきました

今日、NGT48劇場へ行ってきました。
6月以降、久々に当選しました。
以前よりますます当たらなくなるほどの人気です。

●NGT48劇場昼公演

【日時】2016年9月10日(土)研究生「夏の二次会PARTY」公演 13:00開演

【出演メンバー】
劇場公演の演目は基本16人構成で行われます
・研究生
大滝友梨亜・角ゆりあ・日下部愛菜・清司麗菜・盒郷神検γ翅縞皺叩ζ猯斌ね據西村菜那子・水澤彩佳・宮島亜弥
・チームN靴らの助っ人
小熊倫実・菅原りこ・太野彩香・長谷川玲奈・村雲颯香・山田野絵

【劇場ロビーの写真他】

ngt160910_07.JPG
(ロビーに掲示されている黒板。1周年記念の時のままにしてありますね。
通常は、毎回書き換えています)

ngt160910_02.JPG
(6月、新潟で行われた選抜総選挙)

ngt160910_04.JPG
(当時、劇場建設中の仮囲いの外壁に、メンバーやファンがコメントを書いたもの)

ngt160910_05.JPG

ngt160910_06.JPG

ngt160910_03.JPG
(8月31日の研究生公演で、メンバーの奈良未遥さんが、出身地・青森の「弘前ねぷた」の魅力を紹介。
その魅力をさらに伝えようと本人が制作した「NGT48ねぷた」。
劇場支配人えつろーのピース)


ngt160910_08.JPG
(NGT48劇場すぐ近くにある「焼肉IWA新潟店」。
元AKB48内田眞由美さんプロデュースの焼肉店。
NGT48メンバーもちょくちょく来ています)


ngt160910_09.JPG
(焼肉IWAの横にある「でらなんなん新潟店」。
ペンライトやAKBグループメンバーの生写真を販売。
写真は1枚99円〜499円ぐらいで、メンバーによって変わります。
NGT48加藤南美さんの5枚コンプ写真4,999円は断トツの高価格でした。
建物の表に看板が無いので探すのに戸惑いました)


※※※


・NGT48劇場の客層は女性客が多いのですが、今回は男性が圧倒的でした。
しかも、かなりベテランさん。研究生公演はそうなのかな?


・以前はビンゴゲームのあと、劇場内へ入る際、免許証などの身分証明証を再提示しなければいけませんでした。
今は再提示しなくてよくなりました。


・予想通り、ビンゴゲームで敗北し、立ち見でしたorz
真正面のビデオカメラ(DMMでの配信撮影用。ソニー製。タイムテーブルがびっしり書かれた用紙もあり)の後ろにいたので、かえって見やすく特等席状態でした(他の男性が、背が低いのも幸いでした)。


・研究生公演は、チームN係演以上に客席のファンが頑張って盛り上げていました。
誰かに偏ることなく、ひとしく各メンバーを応援しているのがよくわかりました。
メンバーのMCに対して、うまい反応をします。
ステージの出演者と客席が、こんなにもうまくコミュニケーションできる公演というのは良いものですね。


・研究生公演ですが、チームN靴慮演になんら負けていません。
アンコールの2曲「不器用太陽」「パレオはエメラルド」は、ダンスに強いSKE48の夏曲です。
特に「パレオはエメラルド」は、NGT48でここまで激しく複雑なダンスを見たことありません。
素直に凄いと思いました。


・研究生公演のセンターは主に、奈良未遥さんでした。
「なんで研究生なの?」というぐらいルックスが完成されており、AKB48&HKT48の宮脇咲良さんみたいな感じですね(生まれた生年月日が1日違い。背格好もほぼ同じ)。
都会的なルックスなのに、青森のなまりが残る優しい話しぶりというギャップが人気。

日下部愛菜さんが中学生とは思えないぐらいのパフォーマンスで目立っていました。舞台映えする子ですね。
加藤美南さんのアンダーをしているだけのことはあります。

他のメンバーもみんな頑張っており、一人ひとり書いていくと、読者のみなさんが引いてしまうので割愛。

ともかく、公演を観ているとですね、自然に涙腺がうるうるしてくるのです。
「チームN掘畧亀生」「研究生=アンダー」という区切りは、ファンとしては辛いものがあります。
こうして研究生の公演ができるようになったのは、ファンにとってもうれしいです。


・NGT48劇場の舞台後ろは、LEDパネルになっており、パソコンの画像・動画を映しだせます。
他のAKBグループにはない特徴。
曲の演出の他、例えば今日の公演のMCでも活用されます。
盒郷神犬気鵑MCを務めた、各メンバーの私服姿をLEDパネルに映してコメントするコーナー。
宮島亜弥さんがMCを務めた各メンバーのメガネ姿をLEDパネルに映してコメントするコーナー。
こういったこともできてしまいます。
盒郷神犬気鵝宮島亜弥さんはきちんとMCを仕切っており、そういう姿を観ることができて新鮮でした。


・新潟で公演を生で観ることができて本当にうれしいですよ。
他のAKBグループと違い小規模な都市なので、近所に住む私としては、メンバーのみなさんになんとも申し訳ない気分になってしまうのですが、その分頑張って応援したいです。



(私の住む新潟市はこんな感じです。この良曲を超えるメジャーデビュー曲は果たして生まれるのだろうか・・・)

Posted by kanzaki at 2016年09月10日 23:02