2004年09月01日

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上・下)」本日発売

290万セットと、初版部数としては過去最多の「ハリー・ポッター」シリーズ第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上・下)」(セット価4200円)9月1日、全国の書店で一斉に発売された。

各書店では営業時間を早めて同日早朝から販売。
東京のJR八王子駅前の「くまざわ書店」八王子店には約250人が行列をつくり、翻訳者で、シリーズを出版した静山社の松岡佑子社長を迎えてカウントダウン。
午前5時の開店と同時にテープカットをして発売を祝った。

* * * * *

ついに、メガヒット作の続編が、本日発売日となりました。
行列をつくってカウントダウンですか。
Windows95発売の時を思い起こしますねぇ。

当然の事ながら、うちの親の本屋でも発売しましたよ。
仕入れ部数は、200冊。
今日だけでも、バカスカ売れたそうです。
閉店後の売り上げ計算が楽しみだそうです。
こんなに売れたのは、「世界の中心で、愛をさけぶ」以来です。
あの本は、発売して何年も経過していますし、本屋の同じ位置において置けば、コンスタントに売れていく本。
それに対して、ハリーポッターはお祭り騒ぎでの販売。
前回の4巻、そして今回の5巻は、買い切り扱いです。
つまり返品が出来ません。
だから売るのも必死です。
とある書店では、4巻を大量に仕入れ過ぎてしまいました。
5巻が発売されると情報が入ってからというもの、それはもう、必死になって販売していましたよ。
買い切りは、売り上げ予測を間違えると大変です。

実は、このハリーポッター5巻は、既に昨日(おとといだったかも)には、お店に入っていました。
売りたいのはヤマヤマですが、協定によって、9月1日・午前5時以降じゃないと売れないのです。
予約されていた人へは、昨日のうちに電話で連絡をしていました。
親の店は、通常時間からオープンし、平均的に売れていったそうです。
4巻の時は、会社帰りのサラリーマンがたくさん買ったそうですが、今回は売れ方が違います。
とにかくどの時間も、一定の量が売れていく。
前作では、近辺の書店では、朝から販売したそうですが、早朝はそんなに売れなかったそうです。
新潟市は、そんなにお祭り状態にはならないらしい。
そんな事もあり、親の店は、早朝からの販売はしませんでした。

下記の写真が、本日、親の本屋での陳列模様。
携帯電話(P505iS)のカメラで写真をとり、iショットで送信してもらいました。

多くの本屋で、売り上げアップが期待され、ほくほくでしょう。
しかし、今回の発売で一番の勝ち組は、「古本屋」だと思います。
うちの弟は、古本屋に勤めています。
親が本屋で、弟が古本屋。
これで私が図書館に勤めていたら、パーフェクトでしたね(w)。
前作とかは、上下巻で確か約3,900円だったかと思います。
それを弟の古本屋では、お客から300円で引き取ったとか。
300円ですよ、たった300円。
そして驚くべきことは、その300円で買い取った本を3600円で販売していたことです。
3600円で売って、儲けは3300円。
すさまじい高収益!!
そんな、ボッタクリ価格でも、ちゃんと売れてしまうそうです。
古本屋を敵視するつもりはありませんが、売る人も買う人も、よく考えて行動した方が損をしませんよ。

Posted by kanzaki at 2004年09月01日 20:33 | トラックバック (0)
コメント
コメントする
名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.










名前、アドレスを登録しますか?