2018年05月23日

昔は「かな入力」だったのに、すっかりキー入力ができなくなりました

kananyuuryoku.JPG


事務所の従業員のパソコンを操作しました。
キーボードで文字入力をしようと思ったら、自分の思った文字が入力できません。


あれ? と思ったら、「かな入力」になっていたのです。
たかが数文字だけだったので、ローマ字入力に設定を変えずにキー入力。
しかし、一向にキー入力が進みません。


私も5、6年ぐらい前は、かな入力派でした。
幼い頃、ワープロ機を使っていた影響かもしれません。
その頃は、かな入力が当たり前でしたから。
それでも、プログラムは組めるものです。


自分のパソコンだけならば、かな入力でも一向に構いません。
しかし、共用だったり、人のパソコンだった場合、かな入力に設定を変えるのは、なんだか相手にしのびない。


そんな感情が巻きおこったからか記憶が定かでありませんが、ローマ字入力に変えました。
案外、あっさり切り替えることができました。


ローマ字入力が当たり前になると、何十年もかな入力だったのに、かな入力を忘れてしまうものなのですね。
両刀使いになるのかと思ったら、全然そんなことはなりませんでした。


キー入力の速度が変わるでもないし、思考が変わるでもない。
慣れってすごいなあと、変なところで感心していました。

Posted by kanzaki at 2018年05月23日 23:01