2014年12月11日

みそ汁は、幸せを呼ぶ食べ物〜みそ汁のアミノ酸で注目なのは、グルタミン酸とトリプトファン

【今年は大雪?】

ooyuki01.jpg


「カマキリの巣が高いところにあると大雪になる」


昔から、雪国でよく言われています。


とある方とお話ししていたのですが、その方の庭先に、いつもカマキリの巣ができるそうです。
ここ数年、適当な樹の枝の低いところに作っていたそうです。


この前の大雪の際、納屋の上の方にしまっていたスタッドレスタイヤを出しました。
その際、カマキリの巣が、天井近くの高いところにできていたのを発見しました。


大雪をカマキリは予知していたのです。
ここ数年、あまり雪が降らなかったので、とても助かっていたのですが、今年は大変な年になりそうです。


※※※


【みそ汁は、幸せを呼ぶ食べ物】

misosiru01.jpg

江戸時代のことわざに、こんなものがありました。


「医者に金を払うより、味噌屋に払え」


病気になってから、医者に高い金を払うより、毎日、みそ汁を食べていれば、病気も寄り付かない。
結局は安上がりだという事です。
(食文化史研究家・永山久夫さんの解説)


大豆に含まれている35%のタンパク質は、発酵によって殆んどアミノ酸に分解されています。
みそ汁は健康を高めて、若さを保つ効果の期待できるアミノ酸スープなのです。


みそ汁のアミノ酸で注目なのは、グルタミン酸とトリプトファンです。



グルタミン酸は、うまみ成分です。
化学調味料の原料にもなっています。
みそ汁に、天然アミノ酸の状態で、たっぷり入っています。


実は、脳の「記憶」と関係が深い働きをしています。
その為、脳の老化防止にもみそ汁は役立っています。



トリプトファンは、食べ物から摂らなければならない必須アミノ酸です。
セロトニンやメラトニンといったホルモンを生成する役割を果たしています。


セロトニンは別名、「幸せホルモン」と呼ばれています。
人間の情緒形成に欠かせない存在です。


美味しいみそ汁をいただくと、幸せな気分で心が満たされます。
これは、作ってくれた方の愛情と、トリプトファンの効果かもしれませんね。

Posted by kanzaki at 2014年12月11日 21:53